Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« みきすず。「静かにことばは揺れている」 | トップページ | みうたけ。「密室の密かな星」 »

てらまつ。「背中合わせの恋vol.2」

ハァイ!
傘指すのが下手くそなサガン。です。

大雨とか超困るんですけどー。
っていうか、アタシの傘、雨漏りするんですけど(凹)
うがー。

そんな本日の一品。
途中まで面白かったのになー。

「背中合わせの恋vol.2」原作:鈴藤みわ
二階堂文人:松岡禎丞 藤崎一弥:寺島拓篤
芹沢涼介:関俊彦 笹本那智:神谷浩史
栗栖神:緑川光 中村三津彦:代永翼
四谷紫苑:羽多野渉 池田五朗:鈴木達央
相川:高橋孝治 伊藤:浅利遼太

(あらすじ)
自暴自棄のようになっていた一弥を更生させるため、身を差し出すことになった文人。
思いは重ならないままセフレのような関係を続けていくことになるのだが…。

(感想)
前回の松岡くんがステキだったので今回も迷わず購入。
結果は………。
松岡くんは相変わらずステキでした。
が、お話は………う、うーん。
途中まではそれでも好きな感じだったんですよね。
前回から引き続き、文人は片思いを抱えたまま、それでも一弥のそばにいることを選んで。
そのためには、身体も差し出して。
けれど、そんな時間さえ文人にとっては一弥といれる、一弥に触れられる大切な幸せな時間でもあって。
それなのに、一方的に一弥から別れを告げられて…。
まぁ、ここまでの展開はいんですが。
このあとの一弥がちょっと…。
自分的には好みではなかったかな、と。
ようやくはっきりと自覚する一弥なんだけどどこかあっけらかんとした感じというか。
これまでの文人の思い悩んできた姿を思うとあっさりとしすぎていて物語が拍子抜けしてしまったというか…。
ちょっと残念な感じだったんですよね。
ま、一弥の告白シーンとかはあれなんですが、その後の初えち?(両想い後の)でもやりとりはそれなりに嫌いじゃないんですが。
文人の「もう充分待ったよ」的なところから始まる語りのとことかせつなくてキュンですよ。
それはキュンだったんだが……残念だな。
あと、ラストの方で栗栖の歌が入ってたんだが、これがまた………。
アイドルソングだからそういうテイストなのかどうなのか。
なんというか残念に拍車をかける感じというか、ある意味度肝を抜かれるというか。
ちょっとポカンてなりかけました。
なんか、「好きしょ!」のキャラソンに似たテイストのような気がしました(緑川さんのトーンとかも)
さて、文人役の松岡くん。
今回もステキでせつない感じとか非常によかったです。
よかったですが、えちシーンはちょっとなんか色っぽいというよりも痛そうというか…。
フツーにというか声潜めた感じで喋ってるところとかの方が色気はあったかも。
途中、ブリっこみたいな感じで「うち寄ってく?」みたいな誘うセリフがあるんですが、これ非常に好きでした。

一方の一弥役のてらしー。
今回はセフレとは言うものの独占欲全開な感じで、後輩たちは払い除けたりして。
そういうシーンのフツーのトーンというかそういう感じは聞きやすかったのですが、後半告白前とかになると人が変わったように声のトーンが甘くなって(笑)
もちろん、そういう演出なのかもしれないんですが、そこまで変わらなくても…という変わりようの甘さで。
個人的にはフツーの時のぶっきらぼうちっくなトーンの方が好きだったので、そちら寄りで甘さのある声だったらよかったのになーとか。
あとは、もうね、攻なのに喘ぎが受なんだ。
どっちが受だからわかんないくらいに百合百合しい(笑)
あと、ちょっとえちシーンは何やってんのかわかりにくところが多かったかな。
水音的なものはなかなかでしたけど。
というわけで、結論としては「ちょっと残念」になってしまうのでした。

ブックレトSS「Old many films,one new film」
両想いになった後の一弥メインのお話。
文人がコレクションしていた研修生時代のファンクラブ向けDVD。
最初の頃から順に眺めていた一弥。
文人の行方を気にして見ていたのだが、ある時のDVDに入っていた「藤崎」と呼ぶ声に…。
少しずつ近づいて。
近づいて近づいて。
そして、プツリと距離が離れるような。
当時の一弥にとってはそれはそれほど堪えたことではなかったかもしれなくて。
けれど、想いのある今となってはそのことが、呼び方変わるというたったそれだけのことが、どれだけ大きな意味を持つかもわかって。
改めてその頃の文人のことを想ってせつなくなって。
部屋に帰ってきた現在の文人はその頃よりずっと強くなったようで。
このもしかしたらなかったかもしれない今を一弥は噛みしめるのでした。

じゃ!

« みきすず。「静かにことばは揺れている」 | トップページ | みうたけ。「密室の密かな星」 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みきすず。「静かにことばは揺れている」 | トップページ | みうたけ。「密室の密かな星」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ