Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« ほりみき。「オープン・セサミ」 | トップページ | ゆさしも。「花ムコさん」 »

すぎしも。「honey」

ハァイ!
週末の天気が気になって仕方ないサガン。です。

もう、いろいろ気になりますよ、そりゃぁ!
服装もそうだしカバンとか雨対策をどの程度したらいいのかとかもね!!

そんな本日の一品。
ショタ系の子はあまり得意ではないんですが、下野くんは平気なんですよねー。
あら、不思議。

「honey」原作:雪代鞠絵
雪村史緖:下野紘 久保貴志:杉田智和
天野:三木眞一郎

(あらすじ)
両親を失った14歳の史緖は、ある理由から27歳の外科医・貴志に引き取られる。
同居生活3年目となったその日、史緖はあることが原因で貴志と喧嘩してしまい、階段から転落して記憶喪失となった。
記憶を失った史緖はそれまでの生意気な印象とは違い、とても素直で…。

(感想)
記憶喪失モノですね。
記憶を失う前と失った後で印象の違う感じになってしまった史緖。
しかも、天野によって2人が同居している理由もデタラメを教えられたのに信じて。
それによってようやく見えてくる2人の心があるのですが。
まず史緖役の下野くんはやはり感情面での演じ分けが素晴らしかったです。
元の史緖は本当は好きなことを隠しているちょっとはねっ返りのようなところがあって口調もキツめ。
記憶を失くした史緖はそんな史緖の覆っていた棘の部分が取れたので非常に素直。
声のトーンもやわらかくて幼い印象もあったりで、何より好きだと言う気持ちが全面に出ている甘さがあって。
元に戻った史緖は以前とはどこか違う貴志の態度に少し不安を覚え、自分の居場所にも不安を覚えているような以前に比べれば揺らぎがあるような感じで。
思いが成就した後はもう棘もなくなって、非常にあまい。
でも、記憶を失ってた頃ほど幼さを感じないというか、また別のあまさとでもいうか。
とにかくいろんな下野くんがいました。
個人的には最後のえちシーンが下野くんの喘ぎがすごすぎてちょっとビックリしましたが。
なんというか…盛大でした。
対する貴志役のおすぎ。
最初は史緖に対してちょっと厄介な子供みたいなつっけんどんなところがあったり。
それが記憶を失った史緖と接するうちに、史緖の素直な感情を受けているうちに自分の気持ちにも気付いてやさしくなっていく。
史緖の記憶が戻るとあまやかしすぎると史緖が怪訝がるので適度にあまやかせるよう心掛けたり。
こちらもやはり場面によって声のトーンであまさが違ってました。
気持ちが傾く(というか自覚する)につれてあまくなっていって…。
そして、天野役のみっくん。
茶化したりしつつも核心に迫ったりと飄々としてるようで2人のキューピッドでもあるようで。
こういう役演らせたらやっぱみっくんはうまいなぁ。
お話としてはわりとせつない系なのだと思う。
まぁ、史緖が案外?ドジッ子なのでそこで笑いが起きなければということになるのかもだけれど。
個人的には記憶を失くした史緖の逃亡劇の中に漂う「記憶を失くした史緖の記憶」に対するせつなさが好き。
それで、記憶のない史緖がえち中にする記憶に関する発言とか。
かわいいかわいい感じは苦手なものが多いのに、これは大丈夫でした。

じゃ!

« ほりみき。「オープン・セサミ」 | トップページ | ゆさしも。「花ムコさん」 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほりみき。「オープン・セサミ」 | トップページ | ゆさしも。「花ムコさん」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ