Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« てらまつ。「背中合わせの恋vol.1」 | トップページ | ゆさしま。「僕はすべてを知っている」 »

くろかみ。「欲望という名の愛」

ハァイ!
結構な勢いで春めいてきましたね、サガン。です。

若干、季節の速さについて行けないのか、それともここまでいろいろ詰め込みすぎて疲れが出たのかヘロヘロになったりもしてるのですが。
それでも、やらなきゃならないことはあるのでなんとかギリギリまでがんばりたいと思います。

そんな本日の一品。

「欲望という名の愛」原作:ふゆの仁子
倉科崇:神谷浩史 樋口貴奨:黒田崇矢
烏丸徹二:谷山紀章 松波:白熊寛嗣
柴田:鈴木達央 本間:永野善一

(あらすじ)
美貌のNO.1ホスト・倉科はある夜、歌舞伎町で喧嘩に巻き込まれていたところを樋口に助けられる。
温厚な反面、獰猛な部分も合わせ持つ樋口は実は暴力団の幹部で。
倉科が密かに持っていた烏丸が問題を起こし、その行方を追う樋口たちに倉科は…。

(感想)
んんー。
お話はわりと王道なのかな。
ヤクザがちょっといいように持ってって強引に奪う的な(あれ、違う?)
でも、実は強引に奪われてると見せかけて、内心、そうして欲しかったからそれっぽく演じてるところもあるような倉科とか。
お互いがお互いに恋心を抱きつつも悟られないように騙し騙しな部分もあるようなないような…(どっち)
んー、なんていうか、お話が王道すぎるのかなんなのかストーリーとしてはあまり自分の中で盛り上がる感じではなかったんです。
いや、濡れ場は盛り上がりましたけどね(笑)
まず、樋口役の黒田さんの声がえろい!
いやこの方の喋り方がえろいのはほぼデフォだと思うんですが。
今回、普段のしゃべりがヤクザのはずなのに非常にソフトで甘い感じなんですよね。
もう甘すぎて若干こそばくなっちゃうくらいの。
後半は裏の顔が出てきたりもするので、少しトーンも落ちてドスのきいたというかヤクザらしくなってきて、個人的にはこちらの方が聞きやすかったです。
一方の倉科役のひろC。
ステキだー☆
普段の感じがそれほどNO.1ぽくないのに若干首をひねりたくなる部分はあるものの、やっぱえろはステキでした。
冒頭、しょっぱなから夢オチながらもえろでしたし。
薬のせいとかもあって自分の方から誘いかけたりとか。
2人してえろ声なのでえちシーンはわりと満足です。
が、フリト。
ひろC、黒田さん、きーやんなんですが。
…若干、人を選ぶ内容になってますよ、きーやんのせいで!
酒にまつわるエピソードということでぶっちゃけたきーやんの内容がひどくて。
いや、ひどいからピー音は入ってるんですけど、その内容は想像できちゃうくらいの感じで。
きーやん…。
ピー音とか入れてもらえるにしても、そこで言っちゃえるきーやんてスゴイ!
本編ぶっ飛びます(笑)

じゃ!

« てらまつ。「背中合わせの恋vol.1」 | トップページ | ゆさしま。「僕はすべてを知っている」 »

神谷浩史。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« てらまつ。「背中合わせの恋vol.1」 | トップページ | ゆさしま。「僕はすべてを知っている」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ