Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« たかゆさ。「きみが恋に溺れる」 | トップページ | たかゆさ。「きみが恋に溺れる3」 »

たかゆさ。「きみが恋に溺れる2」

ハァイ!
すっかり秋ですね、サガン。です。

いろいろやるべきことをやっていきたい今日この頃。
それがなかなか進まないのが今日この頃よね(笑)

そんな本日の一品。

「きみが恋に溺れる2」原作:高永ひなこ
陣内和史:高橋広樹 主藤礼一郎:遊佐浩二
鬼島彰悟:森川智之 伊藤:永野愛
本店社員:興津和幸

(あらすじ)
恋人同士となった陣内と礼一郎だが、自分から求めてこない礼一郎に陣内は不安を覚える。
そんな中、展示会の打ち合わせのため、責任者で陣内の先輩でもある鬼島が洗われる。
鬼島は礼一郎にちょっかいを出してくるのだが…。

(感想)
この2人のお話は2作目になりますね。
というわけで、くっついた後の流れと言えば…ライバルに、お見合いに、嫉妬にと定番です。
定番なんですが、定番じゃないっていうか。
展開は定番なんですが、なんせ礼一郎が天然入ってるがゆえにちょっといろいろ、ね。
自分の感情についていけず、嫉妬と気づかないまま、なんか矛盾した感情に振り回されたり。
陣内と鬼島のやりとりにやきもきしたり。
陣内じゃないけど、礼一郎の内面てあまり見えてないようなところがあったので(いや、実はすごく素直に出てるとも思うんですけど)こういうふうに見えてくるのはいいなぁ。
声のトーンとかも淡々としているようであって、以前に比べると随分かわいくなったようにも思えて。
恋することで着実に変わっていってるのがわかる。
引っ掻き回しに現れる鬼島との最後のやりとりのシーンが好きです。
なんか言い切ったのに、鬼島に返されて、ぽかんてなってる感じがちゃんと音で伝わってくるんですよね。
一方の陣内は今回は、攻でありながら鬼島に迫られたりもして更にわたわたしてて。
なんていうか、コミカルなシーンとシリアスなシーンのバランスがいいですよね。

じゃ!

« たかゆさ。「きみが恋に溺れる」 | トップページ | たかゆさ。「きみが恋に溺れる3」 »

遊佐浩二。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たかゆさ。「きみが恋に溺れる」 | トップページ | たかゆさ。「きみが恋に溺れる3」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ