Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« インテに行ってきたどー。 | トップページ | こんたち。ひらたけ。「オトナ経験値」 »

すずひら。「個人教授」

ハァイ!
今日はママンとカラオケに行ってきましたよ、サガンです。

………なんて選曲だ!と自分でも驚きの履歴になりましたよ。
ビジュアル系のラルク、黒夢、ルナシーあたりから入って、アニソン系の主題歌やらキャラソンやらを通り、ジャニ曲をそれも少年隊あたりからこっちへ向かって各ユニ曲をガンガン歌い、果てはミュージカルに至るという。
自分、どんだけマニアック選曲だよ!
っていうか、王道的な曲がまるでないことに、自分ここでも脇スキーか!と思ってしまったじゃないか。
あう。
それから、某曲を歌ったらなんだかちょっと歌詞が病んでて楽しかった(笑)
いや、確かにあの人病んでる雰囲気あるもんなぁー(ヲイ)
メジャー曲はホントわからないんだよな。
なんとなくTVで聞いてたりとかはしても歌えないもんだしね。
AKBとか歌えないもんな。

そんな本日の一品。
コレ、なかなかスゴイね(笑)

「個人教授」原作:秀香穂里
永江俊一:平川大輔 葛原育美:鈴木達央
葛原祐介:鳥海浩輔 

(あらすじ)
塾講師をしている俊一は、かつての同級生・祐介の弟・育美の家庭教師をすることになった。
しかし、そこで俊一が高校時代、祐介に性の捌け口にされていたことを育美に思い出されてしまう。
そして、育美は俊一を求めてきて…。

(感想)
なかなかすごいですね(笑)
もうエロ祭り!みたいな感じでもあって。
それでいてダークな病んでる感じもあって。
いや、病んでる感じは全面には出てないのかな。
最初の方はちょっと育美が俊一と関係を持っていくにあたってとか、その後の執着っぷりとかからそう思える部分もあるんだけども、もう育美の病み方なんてかわいいもんです。
ラストになるとそう思わざるを得ません。
塾のあたりでのやりとりからそれらしい片鱗は見せてはいましたが、俊一…。
この人、静かに病んでるので逆にコワイですよね。
もう、いろいろいろいろ計算し尽くした結果がコレなわけですから。
高校生が小学生にそういう気分になった時点で病んでるような気も。
大人になってからの7歳とかならそうも思わないけど、小学生に見せつける感じとかもうトラウマものでしょうよ。
むしろ、それがインプリンティングされたんですか?と育美をちょっと心配したくなるような。
でも、まあ、トラウマになるよりかはいいのか?
とにかくすごかったです。
キャスト陣の演技もそれぞれのキャラにぴったりでした。
まずは圧巻な喘ぎの俊一役平川さん。
今回とにかくえちシーンが多くて。
その度に、それぞれの雰囲気に合わせた喘ぎが素晴らしかったです。
今まで聞いた中で一番好きかもしれません。
それから、育美役のたっつん。
今時の高校生っぽいがっつき感や甘えたなところがありつつ、えちシーンはなかなかな攻め具合でえろかった。
そして、祐介役の鳥ちゃん。
最初から最後まで見事な暴君。
個人的には2人の関係に気づいて俊一を呼び出したシーンの祐介の雰囲気が好きです。
特典フリトはたっつん司会で平川さんと鳥ちゃん。
7ラウンドで疲労困憊な平川さん。
映像的観点で繰り広げられるトーク。
学生時代、母親にオナってるところを見つかっちゃったたっつん(後ろ姿だけど)
「事務所的に大丈夫?」@あまりに曝け出すたっつんを心配するような鳥ちゃん。
平川さんはよく社会の窓が開いてるらしい。
で、先日ワールドワイドにオープンしていたらしい。
YKK開きっぱなし。
「ウィンドウズはオープンしっぱなし。たまにフリーズするけど」@平川さん。
本編はダークでしたがフリトは楽しかったです。

じゃ!

 

 

naraku535

« インテに行ってきたどー。 | トップページ | こんたち。ひらたけ。「オトナ経験値」 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インテに行ってきたどー。 | トップページ | こんたち。ひらたけ。「オトナ経験値」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ