Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« たかすず。「不機嫌で甘い爪痕」 | トップページ | 「プレイスター」を観てきまひた。 »

たかすず。「不条理で甘い囁き」

ハァイ!
ママンに「アンタ、雨女ね」と言われました、サガンです。

…何を今更(笑)
明日は雨ですね。
アタシは雨と共に東へ向かいます(爆)
せめて風は…。
雨嫌いです。
だって、傘差すのヘタクソだから。
だって、紙媒体が濡れるから!!

そんな本日の一品。
もう、なんか、ね(苦笑)

「不条理で甘い囁き」原作:崎谷はるひ
羽室謙也:高橋広樹 三橋颯生:鈴木達央
野川:利根健太朗 神津宗俊:隈本吉成
小池笑美理:河原木志穂 大島裕恵:片貝薫
奥村:宮沢きよこ 田島:青木強
幸田:小橋達也

(あらすじ)
宝飾会社に勤める羽室とデザイナーの颯生は紆余曲折あったものの晴れて恋人同士となり幸せな日々を送っていた。
そんなある日、颯生の古いアルバムを見ていて喧嘩になってしまう。
意地の張り合いのようになってしまう。
颯生は反省し歩み寄ろうとするのだが…。

(感想)
2枚組で2つのお話が入ってます。
1つ目はなんていうかもう痴話喧嘩としか…。
些細なことで喧嘩してそれが原因で更なる問題も起きて。
それが簡単に言ってしまえることではなかったがために、颯生はどんどんマイナス方向に考えていって。
最初の喧嘩のシーンにしてもイチャラブにしか見えないやりとりでした。
そして、2つ目。
こちらは羽室の仕事絡みでの問題のお話なのですが。
なんというか…ゲストキャラの女性がはっきり言ってウザイ!
個性の強い女性キャラが2人も。
1人は世話焼きな大阪のオバサン風な大島。
親しみのある感じというよりはおせっかいな感じというか。
それ以前に、誇張しすぎたキャラな印象。
コテコテすぎて周りのキャラとの違和感が半端ない。
関西弁のデキ的にはわりと聞けるんだけど、声のトーンとか喋り方が聞いてるのがしんどい。
それから、超箱入りキャラの笑美理。
こちらはこういう子はいるんだろうなというのはわかるんだけど、キャラとして非常にウザい。
自分中心で相手の言うことに聞く耳を貸さないタイプ。
お嬢様だから仕方ないのかもしれないけど、自分のことを「笑美理」と名前で呼ぶのもウザかった。
この2人のキャラをどこまで受け入れられるかで聞きやすさが変わってきそう。
女性キャラが得意でない方とかはこの2話目はしんどいかも。
そんな感じで女性キャラのインパクトが強すぎて、2人ラブ面があまり印象に残らなかったかも。
イチャラブは1話目でやったからいっかって感じですか?
いや、もちろん、こちらにもイチャイチャしてるシーンもあるにはあるんですがね。
印象がどうにも…。
フリトはたっつんと広樹。
後半は広樹のターン。
ああいう女性にモデルはいるのか。
→崎谷さんの知り合いにいるらしい。
特典フリトはもたっつんと広樹。
今回はなんというかキャラづくりをあまりしなくていいというか自然な感じ。
好きなシーンは疲れて帰って来て玄関先で寄りかかっちゃうところ。
メールでケンカのバカップルなシーン。
お嬢様の話題ではあれはまたやるタイプ。
懲りてない。
グーで殴ってやりたいとか。

じゃ!

« たかすず。「不機嫌で甘い爪痕」 | トップページ | 「プレイスター」を観てきまひた。 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たかすず。「不機嫌で甘い爪痕」 | トップページ | 「プレイスター」を観てきまひた。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ