Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« まえのじ(兄)。「夢のような話」 | トップページ | みきすず。「唯我独尊な男Extra」 »

みきすず。「唯我独尊な男」

ハァイ!
今日は春コミでしたね、サガンです。

いや、行ってないですけどね。
行ってないですけどね。
おつかい頼みました(笑)
いや、なんか欲しくってさ。
行くっていうから頼んでみました。
うわーい。

さて。
そんな本日はみっくんのお誕生日です。
うわー、おめでとうございまーすww
現在のアタシは早くみっくんに会いたい病な感じですが、いつになったら会えるでしょうかね。
今年もアタシたちの前に顔を出して下さる機会が多いといいのですが。
舞台とかもやってほしいなぁ。
今月の朗読会?行けたらよかったのになぁ。

そんなわけで本日の一品はこちら。
みっくんモノがあったので。

「唯我独尊な男」原作:あすか
幾浦恭夜:鈴村健一 ジャック・ライアン:三木眞一郎
隠岐利一:平川大輔 ニール・ライアン:岸尾だいすけ
三上:奈良徹 里中直子:堀江真理子
バーク:花輪英司

(あらすじ)
日本で平穏な日々を送っていた恭夜の前に現れたのはネゴシエイターのジャック。
ジャックは恭夜のことを「恋人」だと言って憚らず、ところかまわず求愛してくる。
「自分の恋人はニール」死んでしまったニールを想う恭夜だが、ジャックと身体を重ねるごとに感じてしまう自分がいて…。

(感想)
なかなか面白かったです。
最初はラブコメみたいな感じなのかな、と思ったんですけど。
みっくんのジャックが言い間違い的なカタコトの日本語だったりするので(そして、それにツッコム恭夜)
けれど、段々とシリアス路線になって来て。
実は恭夜が持ってる記憶がすり替えられたもので、本当はもっと過酷なものだったりして。
それを知っていながら真実を告げずに、ただ求愛し続けるジャックとか。
最後まで選択権は恭夜に預けて。
自分の手で未来を切り拓いていく感じで。
恭夜が真実の記憶を取り戻すまでの物語でした。
みっくんのジャックは普段はふざけたような求愛をしているようであって、でも本当に恭夜のことを想っていて。
大切にしたくて。
一方の鈴の恭夜は自分の中の記憶ではニールが恋人なので、ジャックに求愛されても鬱陶しく思っていくのですが。
それでもずっと求愛し続けてくるジャックに、記憶が戻った時には今度は逆に自分が触れられる資格がないのでは、と思ってみたり。
ジャックがそれに気付いて先回りをするように言葉を掛けてあげてたのが印象的でした。
平川さんの隠岐は真面目そうな感じ。
恭夜の兄とデキてるらしいので、その兄が気になるところ。
フリトは鈴司会で、みっくん、平川さん、岸尾くん。
「とりあえず」で呼ばれたのが岸尾くん。
既に死んでる役で出番も少なかったので、その少ないセリフに両親やジャックへの怒りを込めたらしい。
そして「ダイスケ」繋がりで平川さん。
平川さん、台本読んでどう演じたものか…というわけで、大きな書店に原作買いに行ったらしいよ!
しかも、見つけられずに店員に聞く始末。
すると、小説フロアで探してたけど別階だったようで(きっとBLコーナーとかが別にあったんじゃないかと思う)そのフロアのレジでお取り置きしときます、ってことに。
さすがに恥ずかしさに耐えかねて領収書をきりましたとさ。
そして、みっくん。
鈴もそうなんだけどなかなか掴みどころがないというかキャラの雰囲気をどう作り出していくかに苦心していたようで休憩後にキャラを取り戻すのに苦労したらしい。

じゃ!

naraku512

« まえのじ(兄)。「夢のような話」 | トップページ | みきすず。「唯我独尊な男Extra」 »

三木眞一郎。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まえのじ(兄)。「夢のような話」 | トップページ | みきすず。「唯我独尊な男Extra」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ