Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« まえすず。「手を伸ばして目を閉じないで」 | トップページ | 12月決算+1月目標。+12月読書メーター。 »

ヲタ総決算2011。

ハァイ!
今年も終わるね。
毎年ヲタ友へのネタ年賀状はバッチリ☆サガンです。
2012年分もがんばりました。
いや、がんばってないけど(どっち)
画像探してきて貼っただけだし。
しかも、試し刷りしないまま印刷したらエライ色で出て来やがった!
新年早々怖かったらスマソ。

はて。
今年も終わるということで恒例のヲタ総決算やりますよー。

まずは。
今年もダントツ、アタシのトップはみっくん。
アタシにとって神的存在なのでもう堕ちようがないんですよね。
文句なく好きというか。
それが証明されるのが遠征事なんですが。
ほかにも好きな声優さんとかはたくさんいるのですが、アタシがもう無条件と言っていいほどに即決的に遠征を決めてしまうのはやはりこの方なんですよね。
何が好きって、もう「生き様」としか(笑)
今年も会いに行きましたよ―。
2月が「JAPAN乙女Festival」、9月が「オリビアを聞きながら」、11月が「LOVE LETTERS」
震災の影響もあってしばらく遠征も控えてたんですが、後半になってまたいくつかみっくん事があったので行けるものには行ってみました。
結果、9月は台風で帰れなかったんですが(爆笑)
それもまたいい経験てことで。
それぞれにイベント、舞台、朗読劇とやってることが違うのでみっくんのいろんな面が見れたし。
「オリビア~」だけでもタップにピアノにとほかの場所では見れないようなみっくんを間近で見ることが出来て超感激でございました。
疲れたリーマン姿も萌えでしたv(笑)
そんなみっくんのBLもの、今年聞いた中ではやっぱ印象的なのは「言ノ葉ノ世界」でしょうか。
ああいうチャラい感じの人間が本気の恋に気付いて必死になる感じとかすごい好きです。
「恋のはなし」とかもそうだけど)
みっくんの演じる役って独特の感じのある人が多い気がする。
フツーにチャラい人もあるけど、飄々とした掴みどころない感じの人とか。
「はなやかな哀情」のシリーズもそうだし、「あなたのためならどこまでも」もそんな雰囲気があって。
あとはちょっと狂気的な感じで言えば二重螺旋シリーズも鬼気迫る感じがあるし。
そんなに多く出てるわけじゃないけど、脇キャスとかでもなんというか「みっくんらしい」役が多かったように思います。
来年も引き続きBLよろしくです(笑)

続いて、渉。
まだ生では一度しか見たことないんですが、この子もまた見てみたいなぁ。
でも、まだ単体での遠征要素にまではなれないんですよね。
今年も渉モノたくさん聞いた気がします。
やっぱり攻が多いけど。
あいかわらず、ワンコ系も多いんだけどもそうじゃない方が個人的には好みです。
今年聞いた中だと「憂鬱な朝」は非常に名作でしたし、「あかないとびら」とか「グッドモーニング」も低音系でよかったな。
受だとダントツで「熱情の檻で眠れ」かな。
お話自体はさておき、渉の演技力がパない。
色気とかも非常にあるし。
あと「ワンウェイの鍵」に収録されてる「インディゴを越えろ」も良かったな。
もっと受やってくれるといいのになー。
あとはやっぱ渉はフリトが最高です。
フリトでいじられまくってるのがいい。
ぐだぐだな感じもまたかわいいのっです。

次に、鳥ちゃん。
今年は意外とBLそんなに出てないですか?
アタシが聞いてないだけか?
あんま印象に残ってないというか…。
相変わらず「生徒会長に忠告」シリーズはステキですが。
あの芋から出るフェロモンすごい。

次に、ゆっちー。
ゆっちーも相変わらず受も攻もこなしててコンスタントに出てますね。
どっちかっていうとやっぱ受の方が好きかな。
今年のヒットは「この愛にひざまずけ」「この愛に溺れろ」のシリーズ。
これはゆっちー単体というよりも中井さんのえろさも相まってって感じですが。
男前なのに色気があって素敵でした。
この方のフリトも面白くて好き。

そして、裕史さん。
なんか結構出てるように感じたのに作品数としてはそんなに出てないみたいですね。
ということはたぶん大体聞いたのかな。
今年の裕史さんのトップは「グッドモーニング」でした。
12月発売なので最後に聞いたんですが、もうすっっっごいかわいかったんですよー。
泣くシーンもいっぱいだったし。
今年は攻なかったけど、来年には攻作品も出るし楽しみですねw

最後に個人的新人賞とでも申しましょうか。
そんな枠。
もう全くもって新人でないし今更感満載なのは承知で、悪魔で個人的にってことでたっつん☆
いや、これまでも何度も聞いてたとは思うんですが、ちゃんと「たっつんを聞きたい!」と思って聞いたブームが今年だったってことで。
ちょっと一時期たっつんの受声に苦手意識持ってた時期もあったんだけども、それも乗り越えまして(笑)
今はオールOKです。
今年聞いた中だと…うーん、難しいところですが、やっぱ「美しいこと」が1位になっちゃうかな。
原作をうっかり手に入れて読んでCDに飛びついたんですが。
たっつんの感情表現がなんというかとてもステキで。
キュンキュンするというかせつなくなるというか…。
原作がいいってのもあるんですけどホント素敵でした。
あとは前野くんとのCP作品は個人的に好きなのが多いです。
「CHERRY」「手を伸ばして目を閉じないで」も。
たっつんの演じるキャラがアタシの好みの性格してるってのもあるんですが。
あと「部活の後輩に迫られています」もすごいたっつんに合ってるキャラでよかったです。
攻だと「レオパード白書2」かな、やっぱり。
これもまたすごくたっつんにしっくりくるキャラっていうか。
あ、渉んところに書いた「インディゴ~」もすごい好き。
ドSが出てる感じとか口調とか。

ほかには広樹の受にやられたりとか日野たんの受にやられたりとか。
やっぱり攻認識の方の受はヤバイです。
やられやすい。
でも、なんでか前野くんだけは男前系攻が好きなんだよなー。
不思議。
来年もみなさんBLガンガン出て欲しいものです。

今年の残念といえば、大好きだったのじーがBL出なくなったことですよね。
代わりに(?)裕史さんが出るようになってきましたが。
でも、やっぱり違うのでね。
のじーの泣きが一番好みなので、また出て欲しいものです。
清潤寺家シリーズの続編出すしかないのか…(でも世代が変わるよね)
あと、個人的に今聞きたいのは岡本くんなんですが。
出ないか?
「世界一初恋」以外ってメインないよね?
できればかわいい系じゃないのを希望したいところなんですが。

そんなわけでBLCDトータルも477枚となりました。
今年はそのうち198枚!!
ちょ、聞きすぎじゃね?
2日に1枚より多いって…。
しかも2枚組とかもあるし。
ま、通勤中に聞いてるってのが大きいんだろうけど(車内では聞きませんけどね)
どうりで部屋が荷物で溢れてくわけだ(笑)
レビューもまったく追いつかないね。
わお。

そして、今年のヲタク事で大きな出来事といえば。
タイバニ☆
世間がなんと言おうがそこまでハマる気はなかったのになぁ。
ツイッターとかで作家さんたちが盛り上がってるので見てみようかな程度だったのに。
R子さんに教えてあげたらR子さんがダダはまりし。
見てるうちにこっちも便乗っていうか。
それでも、そんなに同人とかまで手を出す気は実はなかったんですけどね。
うっかり出したのはやはり商業作家さんの影響ですね。
完全なる作家買いからスタート。
なので、スタートがまさかのマベバニなのですよ!(笑)
アタシ、本命は砂折なのでどっちも特に興味ないのに。
でも、やっぱ作家さんうまいから面白いんだわ。
次に買ったのがジェイ空ってまたイロモノ…。
そんなわけで我が家にはタイバニ本はあれど、虎兎本も兎虎本もなかったりするのですよ。
あははー。
でも、ステキな砂折にも巡り会えたのでヨシとします。
好みの空折も見つけたしv
来年はようやく虎兎本にも手を出すことになりそうです(またしても作家買いですが)

それでは、よいお年を~♪

naraku477

« まえすず。「手を伸ばして目を閉じないで」 | トップページ | 12月決算+1月目標。+12月読書メーター。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ