Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 12月決算+1月目標。+12月読書メーター。 | トップページ | たちはた。やすのじ(兄)。すずかじ。きしとり。「男子迷路」 »

きしのじ(兄)。「わがままキッチン」

ちょりース。
サガンでふ。

今日も元気に本を読んでおりました。
う、うーん…(苦笑)
やっぱり世間の好みと自分の好みはズレてるのかしら?

そんな本日の一品はこちら。

2010年12月発売CDわがままキッチン 2010年12月発売CDわがままキッチン

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「わがままキッチン」原作:門地かおり
熊木:岸尾だいすけ 尚人:野島裕史
西片:福島潤

(あらすじ)
ゲイの熊木は一見遊び人風。
そんな熊木が恋したのはノンケの尚人で…。

(感想)
キャストを最初に見た時の感想は、「え、だいさく攻かよ!!」
いや、裕史さん受というのは多々あるし納得できるんだが、だいさく相手でも受なんだ…みたいな。
元々、原作自体がラブコメというかちょっと下品なギャグとかあったりするので、そのテンソンは保った感じで。
だいさくの熊木がわたわたしてる感じがどこかかわいくもありました。
心の声というかツッコミとか。
そして、裕史さんの尚人はなかなかの男前。
元々がなよなよというかそういう性格ではないのでね、尚人。
ちゃんと男の人っていうか(職業はファンシーキャラクター製作とかだけど)
裕史さんていうと落ち着いた大人の男性キャラのイメージが強かったんだけども、それよりも少し男くさい感じというか。
それでいて、どこか腹黒というか小悪魔的というか。
わかってて熊木に意地悪言っちゃう感じとかステキです☆
全体的には原作とおりにコミカルな印象。
尚人に情緒がなくて直接表現とかが多いのもその一因ですね。
えちも最後まではなくて、熊木のフェラのみ。
なので、えちががっつり欲しい方にはオススメできない。
あと、最後きれいにまとめられてたんだが、あれって新装版で何か追加されてたんでしょうか?
アタシが持ってる原作は旧版のやつでそれには同棲のこととか描いてなかったんだけども…。
フリトは喋ってるのは裕史さんとだいさく。
でも、福島くんもいて笑い声とかツッコミ?とかの声は入ってました。
フリトで2人も言ってたんだが、キャスト逆でも面白かったかなーと思いました。

じゃ!

naraku292

« 12月決算+1月目標。+12月読書メーター。 | トップページ | たちはた。やすのじ(兄)。すずかじ。きしとり。「男子迷路」 »

野島裕史。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月決算+1月目標。+12月読書メーター。 | トップページ | たちはた。やすのじ(兄)。すずかじ。きしとり。「男子迷路」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ