Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 応援中v | トップページ | 5月決算+6月予算。+読書メーター。 »

伊達主従の旅に出てまひた。

ちょりース。
サガンでふ。

また気がつけば久しぶり。
久しぶりすぎてごめんあそばせ。
いつの間にやら6月もかなりの勢いで過ぎてたりして。
どひゃ!
先月の決算とか今月の目標とかいろいろあるのですが、まずはその前に旅行記。
実はちょっくら旅に出ていたのですよ、5月末に。
去年のリベンジで今度こそ筆頭に会いに!!

(無駄に長い上、画像も多いので重いかも。お暇な方だけお付き合い下さい)

□5月28日□
久しぶりに飛行機に乗りました。
飛行機は熊本城ぶりです。
しかも北へ向かうのは昔ヲタしてた頃北海道以来です。
うひょ。
そんな仙台への旅は2度目。
って前回はヲタだったので観光なしのコンのみだったんですが。
まあ、それでもその時の野望はがっつり果たせてるので満足もしているのですが。
ただ、今になって思うと何故往復新幹線だったのか?
移動に時間がかかるし運賃にしても飛行機と変わらないと思うんだけどなー。
で、今にして思うと新幹線の写真撮っとけばよかった!(笑)
いやだって…。
…話が完全に逸れた。
話を今回に戻して。
今回の旅は完全に歴女仕様。
数いる武将の中でもアタシが一番好きでたまらないのが伊達政宗さま。
昔見た大河で惚れたのですが(年がバレますよ)今でもやっぱり好きです。
たぶん、容姿とか生き様とか。
そんなわけでずっと筆頭には会いに行きたいと思っていたのですが、ようやく念願叶いました。

朝9時の飛行機に乗って、1時間15分後にはもう仙台。
仙台近ッ!!
空港からは仙台空港アクセス線で仙台へ。
駅前に顔出しのパネルみたいなのがあって早くもキャッキャする。
アタシってばもしかして鉄子?(笑)
仙台の電車は自動では開きません。
いや、開くところもあるのかもしれないけれどボタンを押すと開く仕組みになってました。
ていうか、ボタン押さないと開かないから乗れないの。
しっかりボタンを押して乗り込みましたよ。
仙台駅からは仙石線に乗り換えて更に目的地を目指します。
目的地は松島海岸。
この電車がわりと本数少な目なので要チェックです。
そして、この線ではラッキーなら石ノ森章太郎のキャラクターのラッピング電車に出会えます。
石巻が石ノ森氏のゆかりの地だからなのですが。
号車によって違うアニメのキャラだったりでかなりステキ列車でしたーっvv
01
そして、列車は松島海岸へ。

★松島遊覧★
これはママンの希望。
松島湾内をフェリーで小1時間ほどかけてぐるり。
アタシ、すっかり忘れてましたが松島って芭蕉のゆかりの地なんだよねー。
サザエさんしか浮かばなかったアタシって一体…(それ自体、芭蕉ありきだよね?)
0

ちょっと遅めのランチはそんな芭蕉さんが泊まっていた宿の跡地にあるお店で。
牡蠣グラタンやら白魚やらいろいろ食べれてお腹いっぱいになって安い!(京都と比べるのが間違いですか?)
528 

★瑞厳寺★
これはアタシが見たかった場所の1つ。
政宗たんが江戸時代に入って復興したというお寺。
現在は大改修中で本堂とか見れなかったんだけども、そのかわりに普段は見ることのできないところに入ることがでいました。
国宝庫裏、大書院には歴代の仙台藩主の位牌があったり。
位牌は位牌でもかなりの大きさだし、現代のいわゆるオーソドックスな黒に金文字といった感じではなく。
もっともっと中華的な感じのド派手なものでした。
さすがに政宗たんのものが一番大きく装飾も凝ってました。
あと、何かと家紋がふんだんに使われているのですが、一般に伊達家の家紋といえば笹に雀・堅三つ引両ですよね。
それ以外に九曜紋が多様されてて。
まあ、九曜は陰陽道だかなんだかの宗教的なものもあったのでそれの意味合いで使ってるのかなーとか思ってみたり。
まさか家臣の小十郎のところが九曜紋だからって、主従愛ってわけでもないだろうし…。
家紋スキーは家紋ばっか見ておりました(笑)
あとは写真コピー的なことで襖絵が復元されていたり。
かなりのピカピカツルツルな感じでしたよよよ。
ママンは光りすぎて趣がない、せめてツヤ消しがよかったなんてことも言っておりましたが。
伊達家の派手さを表すにはこの方がいいのかもね、と納得もしておりました。
そして、陽徳院御霊屋も今回初公開。
残念ながら写真撮影は禁止だったのですが。
陽徳院とは政宗たんの正室・愛姫のことで、その廟所がこれにあたります。
政宗たんの廟所である瑞鳳殿同様にやっぱりかなりの煌びやかさで。
ビビットな色合いの素敵な建物。
かなり細部まで凝ってて個人的に見てて飽きない感じでした。
そして、最後は宝物殿。
こちらには有名な伊達政宗公甲冑像があったり。
思ってたよりも小さかったような気もしますが。
でも教科書に載ってたようなものが実際に見れるなんて感慨深いものです。
それから、瑞厳寺へと続く道すがらには西国三十三カ所の札所を集めたような石仏の並ぶところがあって。
岩を切り出したような感じの場所にあったりで圧巻でした。

★五大堂★
政宗たんが建てたお堂。
小さな赤い橋を渡ってお堂のところまで行くのだが、その橋が縦には2本板が渡してあるだけの隙間から海が見える感じで。
03
ちょ、高所恐怖症なんですけどー!みたいな。
お堂自体はかなり小さくてこじんまり。

そこからホテルに向かったのですが、海岸線沿いを歩いてたらかなり不安な道に迷い込む(…)
いや、だって、地図に道が書いてあったからさー。
実は海岸線の方がかなりの大回りだった罠。

ホテルは超キレイで大満足の出来。
めっさ大きいホテルだったので移動が大変でしたが。
案内してくれたおねーちゃんは可愛かったしv(オヤジか!)
あと時期的に新卒のフレッシュな子たちが何人も実習生としていて。
見るからに高卒なフレッシュさにおばちゃんクラクラ。
お料理とかもかなり見た目にも美しく仕上がってて。
器とかも凝ってて。
和食のコースではあったんだけども、創作和食系のおされな感じでよかったです。
5282 5283 5284 5285 5286
夜はそんなフレッシュさんたちと覚しき子たちのよさこいがあったり。
抽選会で枕が当たったりするんだが、あんなの当たったらどうやって持って帰るんだ的大きさの荷物でありました。

□5月29日□
朝はバイキングだったんだが、このバイキングもなかなか凝ってまして。
その場で焼いてるフレンチトーストが美味しくて朝からガッツリ食べ過ぎな件。
まあ、どのテーブル見ても大概かなりのガッツリ感だったわけですが。
ほかにも自分のチョイスした具材を入れてくれる卵焼きの実演とか。
ま、これに関しては甘い卵焼きに不慣れな関西人はちらりと違和感を感じたりもしたのですが(具材はチーズとあみえびをチョイス)
でも、最後にチーズを卵の上に乗っけてバーナーで炙るとか演出は抜群です。
そんな満腹で動けないような状態で2日目の旅はスタート。

★みちのく伊達政宗歴史館★
04_2
またの名を蝋人形の館(笑)
いや、いろんなものが蝋人形で再現してあるのですよ。
まずは入ってすぐに馬上の政宗たん。
05
それからいろんな県ごとの有名人の蝋人形があって。
最後の方にはゴジラ松井とか小泉さんもいたよ。
あと、松平容保公v
06
その先は政宗たんの生涯を蝋人形で再現的な。
踏み入れると音声ガイドみたいなのがセンサーで始まるんだが、前に人がいなかった上、最初が政宗たんの産声だったため正直かなりビビリました。
それからはいろんな場面が再現されてたんだがセンサーにひっかかりまくると全部の声がごっちゃになってわからなくなったり。
小十郎や成実たんもいたよよよ。
07 08

★伊達かふぇ★
まだまだ朝ご飯がお腹の中に居座っていたので何も食べはしませんでしたが。
歴史館の隣にあるかふぇダス。
09
入り口が政宗たんの兜になってるのら~。
そして、横にあったソフトクリームのディスプレイも政宗たん仕様で超カワユスvv

これにて松島終了。
松島海岸駅から仙石線で仙台へ。
待ってる間にまた石ノ森ラッピングの電車を見ました。
昨日のと違うよ!!
写真撮る暇がなかったのが残念。
仙台市内は主に循環バスを利用。
観光用の観光地循環系のに乗っては降りてを繰り返す。

★瑞鳳殿★
政宗たんの廟所ですん。
ここに来たかったんだ!!!!!
ツアーだとここに連れてきてもらえないのよね~。
さて、そんな瑞鳳殿。
入り口までがかなりの急斜面を上っていくのだ。
途中に杖にするための木の棒が置いてあるくらい急。
でも、そこを登り終えば煌びやかな世界が☆
10
松島の陽徳院御霊屋の豪華バージョン。
5月24日が政宗たんの命日だったので、その時に飾られたお花とかもまんまありました。
現当主が供えたものとか。
とにかく派手。
中華風の色彩の派手さで煌びやかさ。
家紋とかもビシバシ入っててアタシ、テンソンだだ上がり。
うひー、超楽しい♪
ここは写真OKなのでガンガン撮りました。
時間があったらボランティアガイドさんの話でも聞きたかったんですが、それすると時間が足りなくなりそうだったので自分たちだけで見学。
まあ、隣で説明とかしてるので聞こえてはくるんですが。
50代くらいのおばさまに70代くらいのガイドさんが説明してたんだが、途中で今時のBASARA人気の話になって歴女の話になって、「そんなわけで今は政宗よりも小十郎の方が人気です」みたいなー。
逆輸入か―――っっ!!(笑)
聞いててかなり面白かった。
だって、それほど歴史に詳しくもなさそうなおばちゃんたち小十郎とかよくわかんなさそうだし、ましてやゲームの話されてもなぁ…。
屋根の上には龍が四隅に2匹ずついるんだが、「阿」「吽」の形になってるんだってー。
それから併設の資料館へ。
ここで昨日疑問に思っていたことが解明されました。
何かって?
九曜紋のことです。
自分的に噛み砕いて超意訳すると「九曜紋はもともと細川家の紋で。それを見ていいな~と思った政宗たんが細川たんにウチも使ってい~い?と使用許可をもらったらしいのです」ということになります。
まあ、ほかの本とか見るといろいろ説はあるようですが、これもその中の一説ということで。
そのあと、同じ敷地内にあったボシン戦争の慰霊碑を見たり、政宗たんの息子・孫の廟所もあったので見てきました。
11 12 13
やっぱ政宗たんが一番デカくて、ほかのはこじんまりしてました。
同じように派手な色彩ではあるけども小さいしね。

その後はまた坂を下って麓?にあったお店でランチ。
本来は白石市の名物であるうーめんを食べました。
529_3
だって、小雨が降ったり止んだりで寒かったんだもーん。
野菜がいっぱい入ってて美味しかったです。
うーめん自体は見た目はそうめんのちょっと短いバージョンみたいなので。
でも、うどんみたいにコシがあって美味しかったよよよ。
それから、そのそばにあった洋菓子屋さんでスイーツを調達して、また旅へ。

★仙台市博物館★
ここも見たかった場所の1つ。
伊達家にゆかりのあるものがいろいろ置いてありました。
一番見たいと思っていたモノは展示期間が終わってて見れなかったのですが…(泣)
水玉模様陣羽織が見たかったのにぃぃぃ。
あれ、超かわいいんだ。
そんなのを着てた政宗たんは絶対おされ番長に決まってる!!
まあ、そのかわり黒漆五枚胴具足って有名な政宗たんの甲冑をみることができたんですが。
期間によって常設展でも展示物が変わるので何度でも行きたくなるね。
とりあえず、水玉羽織のある時にリベンジしたい。

★青葉城資料展示館★
最後に訪れたのがこの資料館。
雨が降ってたので城跡は見ずに資料館だけ見ることに。
外はまたの機会にがっつり行きたいと思います。
中ではシアターでパソコンによって復元された青葉城内を見ることができたり。
その案内の声が青野武さんと永井一郎さんで。
なんか声が似てて最初1人なのかと思ったよ(爆)
あとは甲冑が4体置いてありました。
テンソンは上がります。

外は雨が降ってたりもして気温もかなり低く寒い!
しかも、前日夜あたりからママンが真剣風邪引いててあんま体調がよろしくなく。
仙台駅のドラッグストアで薬買ったし、その前に松島でもドリンク剤買ったり。
売店でホットコーヒーを買い、買ってきたスイーツで休憩。
寒いのでホットコーヒーが美味しかった(缶ではなくサイフォンで入れてた)
その後はバスならフリーパス持ってたので無料だったのだが、もうさっさと帰った方がいいだろうとタクることに。
そんなに時間がかからないはずが、土日はなんか迂回させられるらしくグルーっと回ることに。
ちなみにどこを回るかというと青葉城の二の丸にあたる東北大学です。
東北大学デカっ!!

仙台駅から東北本線に乗って本日のお宿のある白石へ。
「しらいし」ではありません、「しろいし」です。
ここ、注意です。
テストに出ますよ?(笑)
3日目に白石観光するのでそのための南下です。
うっかり寝過ごすと福島まで行ってしまいます。
小1時間後、白石到着。
駅前からタクに乗って本日のお宿へ。
案内には「車で10分」とか書いてあったからそんなに遠いと思ってなかったんだが、道が空いてるからビュンビュン飛ばせるってだけのようでした。
どんどんどんどん山の中に連れてかれて、こんなとこよく上れるなぁというような角度の坂道を上がって辿り着いたのは鎌先温泉。
蔵王の山の方になるのかな。
昨日とはうって変わって山側の昔ながらの温泉街。
宿以外はコンビニも店もねーよ!的なところでした。
そんなに大きくない宿でじゃらんのランキングではそれなりに評価されてる宿だったんだけども、その良さは今イチ実感できず(…)
まあ、ホテルの人は親切でしたが。
夜は米沢牛が出ましたよよよ。

□5月30日□
本日はゆっくり観光ってことで朝もゆっくり。
ゆっくりでよければ駅まで送迎してくれるっていうしおまかせ♪
しかも、駅から観光に行こうと思ってたお城まで送ってくれるとか言うしー。
もう、そういう意味では大きなホテルと違って親切がすばらしかった。
結局、コインロッカーに必要のない荷物は預けたんだけども、案内所に置いてもらえるよう頼んであげるとかも言ってくれたし。
そんな運転手のおじちゃんはロッカー使ったことないらしく、うちらが荷物入れてるのを不思議そうに見ておりました。
そんなわけで、朝はゆっくり。
パパンもママンもギリギリまで二度寝。
仕方がないのでアタシは持ってったポメでこの旅行記をポチポチしてたんですが、温泉宿のテラス?で執筆活動。
文豪か!てな気分になりました(笑)

★白石城★
白石に来た目的はここですね。
14 15
瑞鳳殿のガイドさんも言ってましたが今流行りのBASARAでブレイクした片倉小十郎のお城です。
もう、街全体がBASARAにのっかった感があって。
それをひしひしと感じられました。
でも、素敵よv
お城自体は復元されたもので、中もほぼ展示物っていうのはなくて。
1階に片倉家と真田家の甲冑が3体ずつ並んでるところがあって。
19
やっぱりテンソン上がりました~♪
写真必死で撮りまくった!
ニヤニヤが止まりません。
それから、ふと見ればこの街のマスコットキャラこじゅうろうくんのパッケージのティッシュが。
アンケートに答えたらくれるというのでがっつり答えてもらってきました。
Photo_6
あとは天守から外を眺めて。
前日の雨が嘘のように晴れてて山とか緑がとてもキレイでした。
16 17 18 21

★白石城歴史探訪ミュージアム★
こちらは資料展示。
といっても、それほどあるわけじゃないけれども。
メインはシアターでの3Dドラマ上映。
これ、入口で3Dメガネもらって見るのですが。
2本あって、時間帯によって内容が変わるの。
アタシたちが見たのは関ヶ原のお話で。
小十郎は小十郎でも、2代目の息子(片倉小十郎重長)の方のお話。
幸村たんの娘を引き取ることになるエピソードです。
っていうか、その前に、まず。
ナレーションというか案内人として登場したのが渡辺謙。
ぎゃおーす!
渡辺謙好きダス。
かなり若い頃の渡辺謙でおそらくは大河つながりで家臣を案内的な(資料のところにも独眼竜政宗関連のものも置いてあったし)
メインの小十郎役の役者さんとかよく知らない人ばっかだたんだけども(幸村たんとか)
最後の方で登場したパパ小十郎(つまりは片倉小十郎景綱)がなんと宍戸錠だった!!
もちろん、ほおぶくろのある頃の(ほおぶくろ言うな)
知ってる人が演じてると思うとなんか「スゲーな」って気分が大きくなりますね。
ま、主人公は息子の方ですが。
約30分のドラマでじっくり見られるのでなかなか面白かったです。
時間の関係でもう1本の方は見れなかったんですが。
もう1本は奥羽越列藩同盟のお話だそうです。
ということは幕末かな?
22 20

資料などを見終わった後はおみやげ探し。
ほかのところでもいろいろ見てきたんだが、コレ!というものがなくて。
いや、欲しいものはあったんだが、それをモチーフにしたステキ物がなかった件。
ここのお店にはグラスがあったんだけど、お猪口みたいな小さいやつで使わねーじゃんってことで却下。
で、限定商品として置かれていたハンドタオルがなかなかステキで。
伊達主従それぞれの家紋と花王が入ってて。
いいなーと思ってうっかり買ってしまいました。
Photo
もちろん、飾っとく用です。
それから別にここじゃなくてもありそうだと思いつつも小十郎の甲冑フィギュアも購入。
Photo_2
家に政宗たんのがあるので伊達主従を並べてやろうって魂胆。
白石に来たんだし、小十郎モノを買ってもいいだろうってことで。
ちなみに、実はそれほど小十郎に対しては思い入れがあるわけではありません。
BASARAで知ってるだけで。
どちらかといえばなんとなく伊達成実の方が気になるくらいで…(出た!マイナースキー)

★小十郎ショップ★
小十郎グッズを始めとする歴女系のお店。
小さいところなんだけども。入ったら外国のお客さんがいてびっくり。
ワーオ!
で、1つ探し物があって。
ここならあるだろうとホテルで買わなかったんだが、ねぇーよ!
よく考えたらアルコール置くのは許可いるぢゃん。

というわけで、観光案内所で聞いてみることに。
どうやら白石城にはあったようあんだが。
アタシがちょっと見たのはBASARAバージョンの方だったので。
そうじゃない方が欲しいなって思ってたんだよな。
空港にあればそれでいいんだけど、なかったらちょっと残念そうなので聞いてみました。
と、お酒屋さんに電話して在庫あるか聞いてくれて。
もともとは駅のキオスクのお土産モノコーナーにもあったらしいんだが、売り切れちゃったんだとか。
無事、お店にあることがわかったのでちょっくら歩いて行ってきました。
アタシが欲しかったのはこちら。
Photo_3 2
蔵王酒造が出してる地ビール「伊達政宗麦酒」「片倉小十郎麦酒」「支倉常長麦酒」の3点セット。
BASARA版だと支倉たんが抜けて伊達主従絵(英雄外伝のやつだったかな?)の缶が入ってたはず。
もちろんセットじゃなくてバラ売りもしてるんだがどうせならセットで。
我が家と弟んとこと親戚んとことにお土産で配送してもらいましたん。
クール保存しなきゃなのでね。
でもって、75日だったかな、しか持たないの。
残念ながらアタシはビール飲めないので缶を集めるのみなんだが、届いてから飲んだ両親によると美味しかったそうです。

買い物が終わったらちょっと遅いお昼ご飯。
せっかく白石に着たのでうーめん食べました。
温麺と書いてうーめんです。
530
3日目は日差しが出て結構気温が上がってたの天盛りうーめん。
うーめんが「これ2人前じゃね?」ってくらい量が多い。
もうかなり満腹になりました。
うん、うまいよ。

白石観光を終えた後は空港へ。
ママンの体調が相変わらずなこともあって早めに行ってゆっくりすることに。
白石から東北本線で名取まで行き、そこから仙台空港線に乗り換え。
これ1時間に1本くらいしか電車ないから注意!!
たぶん、1時間3本くらいは電車白石から走ってるんだと思うんだけども、空港行に連絡してるのはこんなもんなのだ。
ちなみに白石蔵王から新幹線で帰る方法もあるですよ。
Maxやまびこたん。
黄色いラインの子ですな。
前来た時はやまびこたんだったんだよなー。
ま、うちらは今回はママンのバースディ割引に便乗してるんですが。
ちょうど3日目が当日で、搭乗手続きに証明が必要なのでママン連れてったら「おめでとうございます」って言われてた。
普段、見ず知らずの人にお誕生日を祝ってもらうことってなかなかないので貴重な経験だよね。

そんなわけで空港到着は飛ぶ便の3時間前!
完全に早すぎる感はあるのですが、お疲れ気味のため休息タイムですん。
お土産だけ早々に買って休憩。
実は初日、空港に着いて一番最初にお土産屋さんに行ったんだよね。
どれくらいどんなものがあるかリサーチしておけば、街で買って重い荷物にならずに済むでしょ?
うちのパパンは「お土産買いに旅行に行く」と言っても過言ではないくらい会社の人やらにお土産買って帰る人なので。
カバンをそれように持っていくくらいに。
そんなわけで一番に立ち寄ったわけです。
朝の空港はまだそんないきなりお土産物屋さんに立ち寄る人なんてほとんどいないので人が少なく。
その分、親切に試食とか奨めてくれたりして。
いっぱいいっぱい食べて旅に出る小腹を満たしたりもしました(爆)
帰りは日曜の夕方ということもあってか、かなり混み合っていて。
試食なんか出さなくても売れるからなのか試食コーナーはなくなってて。
ぐるぐる見回っていろいろと買い込みました。
自宅用は笹かま、ゆべし、萩の月。
仙台といえば何と言っても萩の月でしょう!!とだだをこねて買ってもらったよ。
Photo_4
だって、食べだかったんだもの。
みっくんの大好きな萩の月!!(そんな理由か)
だって公式サイトの好物にわざわざ書くくらい好きなんだよ?
それは買って帰るしかないでしょう。
ちなみに3つ入りの箱は空港限定かどうかは知りませんが、切り取って飛行機が作れるパッケージです。
とりあえずお土産を買い終えてベンチで休憩。
その間にアタシは自分のものを見に。
旅の記念に買おうと思ってたのが政宗キティ。
以前来た時に買ったのがあるんですが、新しいの出てるし欲しいなーと思って。
いろいろある中で今回選んだのは飛行機に乗った政宗キティ。
Photo_5
伊達者は今時馬になんか乗りません(笑)
いや、馬に乗ったのもあったんだけどね。
鎧が青かったのよ。
持ってるのが青だったのと、やっぱ政宗たんと言えば黒い鎧だと思ったので飛行機になりました、と。
キティは眼帯がハート型なんだよ、ウヒー!
そのあとはひたすらまったり。
ちょっと早めの晩ご飯も食べたり。
お弁当のパッケージに惹かれて購入。
5302
自分どんだけ政宗たん好きなんだ…。
いや、好きだけどさ。

今回の旅は自分でチョイスして行ったのでかなり楽しい旅になりました。
まあ、ママンの体調とかの加減もあって本気満足とまでは言えませんが。
まだ見足りない部分とかもいっぱいあることがわかったし。
もっともっと時間をかけてゆーっくり伊達りたい。
1週間くらい住めばいいのかなぁ、ウィークリーで(笑)←これちょっと楽しそう。
絶対絶対また行ってやろう。
待ってろ、政宗たん!!!!!

じゃ!

naraku180

« 応援中v | トップページ | 5月決算+6月予算。+読書メーター。 »

歴史系。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 応援中v | トップページ | 5月決算+6月予算。+読書メーター。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ