Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 恋するヲタ旅行☆ | トップページ | みやのじ。「15センチメートル未満の恋」 »

ヲタ日。+はたしも。ゆさのじ。もりすず。「ねかせないで」

ちょりース。
サガンでふ。

本日はインテでした。
参加された方お疲れ様でしたー。
アタシはR子さんとこでおてつしてました。
おもっくそ役立たずっぷりも発揮してきましたが。
せっかく来て下さった方にされた質問全く答えられずにホントすみませんでしたー。
んで、収穫としては商業作家さんのとこちょっと回っただけなんですが新刊はしっかりGETしてきましたん。
んで、終わりにするつもりがふと思い出してアタシの心の師匠のサークル来てるか調べたら来てて。
しかも気になるものの取り扱いが。
行ってみたけど売り切れてたー!
近畿の再録本欲しかったのにぃぃぃぃぃ。
…仕方がないのでルル本買ってきました(ぇ)
やっぱりかなりの師匠節炸裂でした。

その後、カオスに行ってフラフラ。
いやちょっと探してる本があって探してたのですが…ねぇよ!
散々探してるがねぇよ!!
更に日本橋に出て明輝、K、とらと回ったのですが、明輝とかは人がいっぱいだったせいもあったりでホントに欲しい本くらいしか探してなかったのですが、Kで何気にCD見てたら欲しいと思ったのがあって。
値段が安かったので、…買ってしまいましたよよよ。
あうー。

ま、いっか。
欲しかったし。
ってことで、今月はホント散財散財でふ。
あははははー。

そんなこんなで去年に買ったCDの感想をば。
これ、ホント、フリトCDが面白すぎるッ!!

「ねかせないで」原作:町屋はとこ
三谷健人:下野紘 桜井日朗:羽多野渉
笹山:野島健児 花崎:遊佐浩二
渡夏旺:森川智之 京吾:鈴村健一

『君のためのオレンジデニッシュ』(日朗×健人編)
(あらすじ)
健人は渡のパン屋のオレンジデニッシュが最近のお気に入り。
日朗は誕生日に好きな子にプレゼントをするために節約中。
そんな中、渡が日朗にパン屋でバイトをしないかと持ちかけて…。
(感想)
下野くんの声初めて聞きました。
いや、一応聞いたことはあるんだけどもこういうCDでは初めて。
元気な少年という感じでした。
相手役の羽多野くんはもう随分声も覚えましたよ!
この作品では貴重な?羽多野くんの歌声が聞けるわけですが。
「HAPPY BIRTHDAY」を歌うわけですが。
全編「TO YOU」なしの「DEAR健人」でちょっとびっくりしました。
そして、やっぱりこういう作品で聞く歌声ってなんだかくすぐったいです。
後半は2人のイチャイチャ方面になっていくわけですが。
健人が結構男前なんだよな。
自分から誘っちゃったり。
日朗の方がヘタレなのかな。
つっこんでからテンパってあたふたしたりしてたし(笑)
かわいらしい学生同士のお話です。

『ピリ辛マスタードのサンド』(花崎×笹山編)
(あらすじ)
笹山は自分に仕事を教えてくれている花崎のことが好き。
それを渡が知って相談に乗ってくれるのだが、そんな2人を見た花崎は誤解して…。
(感想)
のじーはちょっと自分に自信のない感じのサラリーマン。
そんな自分に優しくしてくれた花崎に恋をするのだけれど、同性だということでこれまでも言えずに恋を諦めていた笹山は踏み出す勇気が持てなくて。
渡に助けられて変わろうとしていく。
花崎という人間は渡に言わせると「はっきり好意を示されて初めて恋に落ちてたことに気付くタイプ」ってことになるんだけど、まさにそんな感じで。
それ以前に無意識に笹山にかまいすぎだと思う。
あれ、好意なくやってたらむしろ罪だ(笑)
そんな花崎のゆっちーはわりといつも通りの声?
そんなに堅すぎずチャラすぎず。
イイ感じです。
で、花崎という人が恋人になったらかなり相手を可愛がるタイプのようで。
後半の大人のイチャイチャみたいなのはそういう甘さが声にも出てました。
こういうゆっちー好きだなぁ。

『愛しのコッペパン』(渡×京吾編)
(あらすじ)
高校時代、好きすぎて無理に京吾を奪ってしまった渡。
それからなんとなく続いている2人の関係は、時々京吾が失踪しても変わらない。
2年でも3年でも渡は京吾が帰ってくるのを待っている。
そして、6年ぶりに京吾が帰ってきて…。
(感想)
15年かけての恋愛成就です。
渡は最初が無理矢理だったせいもあって、どこかで京吾の気持ちが全部自分のものにならなくても仕方ないと諦めているような部分があって。
それでも好きな気持ちだけは変わらず。
京吾は自分の行いさえ信じられないようないい加減な生活をしていて。
それでもきっと渡だけは自分を必要としてくれてると信じていて。
そんな渡のために役に立ちたいと帰ってからは思い続け一緒にパン屋で働き始めるのだけれど。
渡は帰って来た京吾を責めることもなく以前のような付き合いをしていくんだけども。
内心では不安がいっぱいで。
それは行動にも表れてたりするんだけども、京吾も自分のことでいっぱいいっぱいだったりでそこまで気付けなかったり表面しか見えなかったり。
とにかくせつなさ満載でした。
京吾が自分の気持ちに気付いて思春期に突入してからがとにかくかわいかったです。

絵がない分、えちシーンとかどういうことになっているのかちょっとわかりにく部分もあったけどどれも心温まるようなお話でした。

そして。
これは絶対買ってよかったー!って思ったのがフリト。
これ非常に面白いです。
もうどれくらい面白いかというと本編と続けて聞くと本編の内容忘れちゃうくらい(ヲイ)
メイン6人が揃ってパン食べながら話してるんですが、かなりフリーダム。
羽多野くん司会なんですが、結構グダグダでつっこまれたりしてるし。
個人的に印象に残ってるのはのじーが某カラオケ店でどんなものかも知らず1人でハニートーストを頼んで完食するために時間延長したこと(笑)
あとは最後のリスナーへのメッセージでの遊佐さんのこれまでの流れを根底から覆すようなお話。
森川さんの練りに練ったダジャレ。
とにかくメンバー全員が楽しんでる様子がすごく伝わってきて、これはホント、フリト付いててよかったー!てすごく思いました。
なんだか本編よりもこっちの方リピしちゃうかも!?

じゃ!

naraku159

« 恋するヲタ旅行☆ | トップページ | みやのじ。「15センチメートル未満の恋」 »

ヲタク友。」カテゴリの記事

羽多野渉。」カテゴリの記事

遊佐浩二。」カテゴリの記事

野島健児。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋するヲタ旅行☆ | トップページ | みやのじ。「15センチメートル未満の恋」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ