Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 「タナトスの双子1912」「タナトスの双子1917」読了。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅦ~月を抱く海2~」 »

もりすず。「コルセーアⅥ~月を抱く海1~」

ちょりース。
今日はクリスマスイブですね、サガンでふ。

ちょっくらパソコで調べ物をしていたらステキな?誤字を見つけました。
「聖闘士聖夜」
わお!
まさに今日!みたいな(笑)
というか、これなら聖夜はもっと男前というか王子様系な気がするのは気のせいですか?
もっと気品があったりするか気障ったらしいイメージとしては金髪美形な気がするのですが…。
残念ながら正解は「星矢」ですが。
ちなみにアタシが好きなのはメインなら紫龍ですし、それよりも好きっぽいのはシャカですv(あ、シャカはちょっと聖夜にはなれそう?)

そんな本日の一品。

コルセーアVI〜月を抱く海1〜 コルセーアVI〜月を抱く海1〜

販売元:CYBER PHASE e-store
楽天市場で詳細を確認する

「コルセーアⅥ~月を抱く海1~」原作:水壬楓子
カナーレ:鈴木千尋 アヤース:森川智之
セサーム:三木眞一郎 ヤーニ:子安武人
レティ:岸尾だいすけ アウラ:堀江由衣
シロッコ:吉野裕行 ハロルド:古島清孝
マンスール:飯田浩志 マオ:高田べん
ラティフ:細谷佳正 アルマダン:前野智昭
ハディ:井上剛 スライアン:安元洋貴
イリア:倉田雅世 アイル:設楽麻美

(あらすじ)
穏やかな日々を過ごすカナーレとアヤース。
その一方でセサームの元には再び暗殺者が現れ…。

(感想)
非常に面白かったですv
ここに来てヤーニのかっこよさにクラクラしてしまいました。
ヤーニのくせにやーにぃ(爆)
いや、今回の巻はどちらかといえばセサームとヤーニがメインのような気もしてて。
セサームために遂にヤーニが決断するわけだけれども。
それがセサームのためだということもセサームにはちゃんとわかっているのだけれども。
それでも、そんな場にヤーニ自ら出ていくことにどうしようもない憤りを感じて。
その件がヤーニの口から語られるまでは本当にちょっとしたら何考えてんだかわかんないというか世間離れしたというか穏やかな口調を崩さなかったセサームがものすごい勢いで怒ってて。
全ては心配の裏返しなんだってわかるんだけども、ヤーニ同様初めての迫力にちょっと圧倒されました。
それでも、ヤーニも自分で決めたことだからその決心を覆すつもりもなくて。
全てが片付けばセサームの身も安全になるわけで。
ヤーニはホント、セサームが好きなんだなぁっていうのがカナーレとの会話の中からでも見てとれて。
これまではセサームの方がどの程度ヤーニを見てるのかっていうのはわからなかったりもしたんですけども、今回の件でやっぱりセサームにとってもヤーニという存在は非常に特別なんだなと実感しました。
ヤーニの無事を思うあまりにカナーレを巻き込んでもいいと思うくらい。
一方のカナーレとアヤースですが。
この人たちはのっけからかなり甘々な雰囲気全開でこっちの方が「え、そんなに君ら甘かったっけ?」と思ってしまったくらい(笑)
カナーレの挑発とか、なんだアレ。
反則なくらいかわいいぞ!(笑)←ああいうキャラ好きなんだよな~。
ちーちゃん、ナイス!
あとはアウラが子供(アイル)産んだので叔父さんになったレティが赤ちゃん言葉?で話しかけてるのも面白かったわ。
普段がだいぶ大人らしくなってきたのでギャップもあって。
ここに来て新キャラやらも続々でキャスト陣も増えてちょっとBL的には多すぎるような気がしないでも?(笑)
とにかく、今回のMVPは勝手にヤーニにあげよう。
GJヤーニ!
今後の活躍に期待だ。
あ、ヤーニがセサームが怒って口きいてくれないってカナーレに愚痴ってるのもかわいかったゾ(笑)

じゃ!

naraku155

« 「タナトスの双子1912」「タナトスの双子1917」読了。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅦ~月を抱く海2~」 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「タナトスの双子1912」「タナトスの双子1917」読了。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅦ~月を抱く海2~」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ