Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 「COLD FEVER」読了。 | トップページ | みきふく。「顔のない男」 »

こにのじ。ゆさのじ。「夜ごと蜜は滴りて2」

ちょりース。
サガンだう。

今日はちょっと寒いのマシだったかも?
でもでも。
もうしっかり冬って感じがします。
引きこもりの用意をしなくては…(してるぢゃん!というツッコミはナシで)

じゃ、本日の一品。
やっぱり和貴さんがとても好きvv

9月新譜☆夜ごと蜜は滴りて2 9月新譜☆夜ごと蜜は滴りて2

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「夜ごと蜜は滴りて2」原作:和泉桂
清澗寺和貴:野島健児 深沢直巳:小西克幸
伏見義康:遊佐浩二 清澗寺冬貴:神谷浩史
清澗寺鞠子:増田ゆき 清澗寺国貴:千葉進歩
浅野要:風間勇刀

今回は和貴のお話が3本。

『蜜よりも夜は甘く』
(あらすじ)
両想いになったのに和貴は深沢とどう接したらいいかわからず、彼のことを拒んでしまう。
皆が避暑に出かける中、和貴は冬貴の思い出の残る離れで深沢に飼われることに…。
(感想)
とにかく和貴の心情がかわいい!
両想いになったはいいけど、好きすぎて。
「そばにいて」とか言うことは、離れられた時に自分が壊れてしまうことがこわくて言えなくて。
深沢なしじゃダメなのに、「嫌われたらどうしよう」ばっかりが先に立ってる感じで。
それを追いつめて追いつめて追いつめて。
深沢は和貴の本音を吐かせるのですね。
久しぶりにコニタンの声聞いたかも。
そういえば深沢ってこんな感じだったなぁ…。

『禁じられた夜の蜜』
「あらすじ)
両想いになって2年が経ったある日、和貴は鞠子と出掛けた帰りに拉致されて…。
(感想)
和貴さんのお話の中でも特にこれが一番好きですv
もう、とにかく和貴さんの性格が意地らしくって可愛くって。
いや、そういうのはシリーズ通してずっとかわってはいないのですが。
それが何年経っても少しも深沢の自分への気持ちに慢心がないというか。
常に「捨てられたらどうしよう」と不安に苛まれていて。
少しでも深沢に認めてもらうために何か自分にできることはないかと頑張ってみたり。
それが矛盾していることにも気付かないほど、深沢を手に入れ続けることに必死で。
拉致されていたところを深沢が助けに?きてくれるんですが、そのシーンのやりとりがとても印象的。
深沢の気持ちを思いやれないほどに深沢に恋焦がれているというか…。
深沢が意地悪な面も多々あるけれど、そういう意味では和貴も盲目になりすぎて鈍感だとも言えるのかしら。
そんなこの作品、今回は2枚組で3本のストーリーなのですが。
このお話のラストトラックだけが2枚目に。
つまり、再会後のえちシーンだけが2枚目に入ってるんだよ。
 焦 ら し プ レ イ か !
いや、CD2枚続きに聞けばいいだけのことなんだが。
お話の流れを切らないで聞きたかったかなーとか思ってもみたり。
ま、そのかわり?2枚目はいきなりえちシーンから始まるわけですが(最初にBGMとかあるから本気の唐突ではないけども)
そして、この和貴さんは甘いのです。
甘い甘い。
ふふ。
のじーがかわいいよーvv

『凍える蜜を蕩かす夜』
(あらすじ)
まだ自分が何者かも知らなかった頃の和貴。
ある事をきっかけに自分の中の清澗寺の血の作用が気になり…。
(感想)
いわゆる和貴の初めて編てことでメインは義康×和貴。
和貴が色事に耽るようになった根幹というか経緯が描かれています。
最初は健全に生きようとしていた和貴があることがきっかけで自分が既に歪み腐り切っていることに気付き、それなら…と新しい処世術を得るお話。
義康にいろいろレクチャーしてもらうことにはなるけれども、それほど感情が義康に向いていたという感じではなかったです。
ただ、レクチャーの師として。
同じ清澗寺の血を持つ冬貴を抱く者として。
義康を通して冬貴と自分の違いを教えてもらいたがってるというか。
そんなお話でした。
義康×和貴のレクチャーが2つ、数年後の逢瀬?が1つ、義康×冬貴が1つありました(何が、とは聞いてはいけない)
いろっぽさでは当然、冬貴には及びません。
冬貴は絶対魔性。
あの魔性はひろCにしかできないと思う。
最後は現在に戻って、深沢と和貴のひととき。
これもまたあまいあまい。

今回聞いてみて改めて、アタシ、和貴さんの性格が大好きだと気付きました(笑)
キレイでモテるのに全く自分に自信がないところとか。
愛されてることに自信がなくて。
自分の中でマイナス方向にぐるぐるしちゃうとことか。
もう何もかもがツボだ。
かわいくてたまらんッ。
たぶん、今まで出会った受の中で一番好きだと思う。

じゃ!

« 「COLD FEVER」読了。 | トップページ | みきふく。「顔のない男」 »

神谷浩史。」カテゴリの記事

遊佐浩二。」カテゴリの記事

野島健児。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「COLD FEVER」読了。 | トップページ | みきふく。「顔のない男」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ