Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 10月決算+11月目標。 | トップページ | 「COLD LIGHT」読了。 »

「COLD SLEEP」読了。

ちょりース。
サガンだふ。

…しばれるねぇ。
あまりの寒さにドビックリです。
歩いていこうと思ってた図書館までバスに乗ってっちゃったよー。
雨も降ったり止んだりややこしい天候だったのでね。
こんな日は家に籠って読書だー!
読書の秋だー!!

そんなわけで、少し前に木原音瀬さんの「COLD SLEEP」読了。
来年CDが出ることが決まって。
キャストが羽多野くん×裕史さんで。
すげー気になって。
で、いろいろ聞くところによるとこの木原さんの作品は結構ガツンとくるものがあったりするらしく。
それなら2枚組CD×隔月3部作を買う前にちゃんと大丈夫なお話か知っておく必要があるなってことで読むことにしました。

(あらすじ)
事故で記憶を失くした高久透は、友達だと名乗る藤島に引き取られ同居することに。
過去の自分のことを透は尋ねるが藤島は知っているのに教えてくれず。
しかし、一緒に暮らすうちに少しずつ芽生えていく気持ちがあって…。

(感想)
今回は記憶を失くした透視点で書かれています。
記憶喪失ということで透は真っ白の状態。
けれど、藤島は以前のことも知っていて。
ほかに頼るものがない透は藤島に頼りつつ生きていくことになるんだけども。
それで、少しずつ生まれてくる感情があるんだけども。
藤島はその感情を受け入れようとはしない。
それは透の記憶にも関係していて。
以前の彼と自分がそうなれるはずないと思っているようなところがあって。
印象的だったのは病院の前で透とある女性が対峙するシーン。
記憶喪失のせいで失った記憶の中で起きた事件のことを知ってしまった透の行動が印象的でした。
それ以前の藤島が取った行動も。
命をかけてでも透を守ろうとする姿はどこか恐ろしささえ感じてみたり。
物語はまだまだ序盤で。
緩やかに穏やかに流れている感じ。
表題作のほかに、このお話の短編が1本とリンク作が2本。
リンク作『同窓会』シリーズ。
高校の時の同級生、黒川と谷口。
特別親しかったわけでもなく。
ただクラスに馴染めなかった黒川にとっては気まぐれに声をかけた谷口が素敵に見えただけ。
それから11年経った同窓会で再会し…。
黒川という男がとても無器用でまっすぐでかわいいのよv
ある種、天然ボケみたいなところあったりして。
そんなだから途中まで受だと思ってたら攻でしたよーみたいな。
谷口の方もずっと気にかけてたわけでもなんでもなくて。
ただ同窓会で話してみたら面白いヤツで。
残された言葉に心が揺らいで、みたいな。
「ぼくのすきなひと」の谷口の最後の言葉がすごく好き。

じゃ!

« 10月決算+11月目標。 | トップページ | 「COLD LIGHT」読了。 »

小説。」カテゴリの記事

コメント

めずらしく昼間にちょリース。
さち子は埼玉の鉄博に0系を拝みに行きましたん。

寒いねぇ‥。飲み会で朝方に帰って来たから死にそうでした。

11月目標‥。
まあ、うん、妥当な所というべきなんでしょうか? ワタクシ、貴女に毒されてきたか感覚が判らなくなって来ましたよー!(殴)
いや、原稿は頑張れ。
サイトもあるしねーvv
うーん。ヲタ屋には誘わない方が良いのかしらん。ちょっと悩みますわー?(笑) でも貴女が一人で行っちゃったら一緒か‥。
まー‥忘年会では色々とナラク総数の報告会もしなくてはですねっ☆

ちょりース。
うわ、昼間だ!サボリか!!
と思ったら今日は祝日でした…(既に曜日感覚が麻痺しているらしい)

ふふふ。
君も毒されてきた?
目標はあんなもんですよ。
そして、いざって時には破るためにあると信じてるので!(ダメぢゃん)
原稿なんとかします。
いや、ホントにね。
今月こそ!!
ヲタ屋には誘えよ。
誘わないと拗ねて大人買いしちゃうからv(爆)
なので、また連れてってくださいよ。
そんで一緒に溺れるか、お互いに止めあおう(笑)
早いものでもう来月には忘年会ですね。
また良い個室を探さなくてはね…(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月決算+11月目標。 | トップページ | 「COLD LIGHT」読了。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ