Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 歴女だもの。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅠ」 »

ひやとり。「ホーム・スウィート・ホーム」

ちょりース。
サガンだすん。

わーわーわー。
今、ちょっと薄桜鬼サイト巡ってたら、ちょっと興味のある次にやるならこれかなって思ってたCPの話置いてるとこ見つけたー!
ぎゃー。
テンソン上がるわー。
アタシだけじゃなかったことに感激しちゃいました。
よし、そのうちやっぱり展開しようと小さな決意。
でも、逆に沖田×山崎はなかったよよよ。
というか、山崎がねぇー!
あっても斎藤×山崎とかなんだよね。
うーむ。

そして、本日の一品。
うーん、どうなんだろ、この作品…orz

「ホーム・スウィート・ホーム」原作:義月粧子
街井湫:鳥海浩輔 街井祐瑚:檜山修之
青木和貴:三木眞一郎 鈴木基:加藤木賢志
岩田:鈴森勘司 中川:柿原徹也

(あらすじ)
湫は小さな頃から兄の祐瑚が好き。
だけど、それを伝えることは出来なくて代わり外で男を引っかけたり。
ある日、岩田という男にそれをネタに脅迫されて…。

(感想)
………えーと。
はっきり言って今まで買った中で一番理解できないお話でした。
いや、2話構成で1話の方はなんとか許容できるんだけども、2話目の攻(祐瑚)の行いが無理でした。
1話目は湫視点で紆余曲折ありながらも祐瑚と結ばれるまで、という感じで。
祐瑚が自分勝手で強引なところはあるけれどもなんとかそういう感情の裏返しというか…そういうのなんだね、って思うと納得出来たんだけども。
2話目の祐瑚視点のお話は祐瑚の浮気話で。
しかも、それを祐瑚が少しも悪いことだと思ってなくて湫にも許容してくれって言ってる感じで「はぁ?」でした。
まあ、最後にはそんな祐瑚に焦れて和貴が自分か湫を選べって言って湫の元に帰っていくのですが。
帰りの車の中で泣いて、あまつさえ家に帰って湫に慰めてくれとか傷心ですって態度をとる祐瑚が理解できません。
湫もね、途中までは浮気公認みたいなとこがあって理解できないかな?って思ったんだけども、それはただ耐えてただけだったり好きな人の幸せを想っているからなんだってわかったから許容できたの。
たぶん、このお話のメインの中で一番正常な?感情を持ってるのって和貴だと思う。
「誰かと祐瑚を共有するつもりはない」とか「自分が一番じゃなきゃいらない」とか。
気持ちがはっきり見える。
祐瑚の言う2人とも愛してるってのが一番よくわからない。
それじゃだめか?ってだめに決まってるじゃない、みたいな。
そんなわけでお話自体には入り込めなかったのですが。
鳥ちゃんはかわいくてステキでした。
ちょっと引っ込み思案なおどおどしたようなところのある子でえちシーンとかとてもかわいかった。
そして、みっくんも俺様な感じがステキでした。
どうせなら、祐瑚×和貴のえちシーンもしっかり聞いてみたかった。
事後のシーンとか直前とかでシーンが切り替わるので直接的な絡みがほぼなかったのですー。
声優陣がステキだっただけになんだか勿体ない感じがしましたー。

じゃ!

« 歴女だもの。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅠ」 »

鳥海浩輔。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴女だもの。 | トップページ | もりすず。「コルセーアⅠ」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ