Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 今期アニメ談。 | トップページ | きっかけは、鳥ちゃん。 »

すぎたけ。「ハチミツ浸透圧」

ちょりース。
今日は家で焼肉をしまして「野菜ばっか食べんな!」と叱られました、サガンです。
ええ、うちの家では肉より野菜が人気です。
取り合いです(笑)

さて、本日の一品。

Atis collectionCDハチミツ浸透圧 Atis collectionCDハチミツ浸透圧

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「ハチミツ浸透圧」原作:崎谷はるひ
宇佐美葉:武内健 矢野智彦:杉田智和
城山晃司:鳥海浩輔

(あらすじ)
葉は中学の時、一度だけ智彦とキスをした。
そのキスが忘れられずにいる葉だが、高校に入ってからは智彦と接する機会も減る。
そんな中、智彦が美人で有名な同級生に告白される。
そして、智彦は何故か葉の元を訪れて…。

(感想)
…買っちゃった。
なんかうっかり武内くんモノが聞きたくなってね。
それで、調べてたら評判がよろしかったので。
葉は今じゃ遊び人と呼べるくらい2ケタにのぼる男女と関係を持ったことのある可愛らしい少年。
けれど、本当はちゃんと好きな人がいて。
その人が手に入らないからと遊び歩いてる始末。
けれど、そのその好きな人のことを好きだと気付いたのも、ある男と関係を持った後で。
考えてみれば、急に男の同級生に「キスしたことある?」なんて言って、してみる?みたいな言葉を言ってしまったのもそういうことだったのかもと思うところもあって。
けれど、この気持ちは伝えられるものではないと思っているから口にしない。
ただ想うだけ。
想い続けるだけ。
そんな中、告白されたらしい智彦がやってきて、どう返事すべきかなんてことを聞かれて。
好きな子がいるからと断るつもりだと言う智彦に、不意に昔のキスの話をして。
「好きな子としかしない」「あれからしてない」という智彦の言葉にふざけてるのかとさえ思い。
けれど、そうではないとわかり相思相愛に。
そのまま、なだれこむ2人だが家の人が帰って来て、途中まで。
付き合い始めた2人。
葉は何かと口実をつけて智彦と一緒にいようとするが、智彦の方はイチャイチャという雰囲気はなく。
あることをきっかけに、やっぱり葉は智彦が本当は嫌なんじゃないかと思うようになって…。
えと…。
武内くんは確かに可愛かったです。
すげー可愛かった。
葉って子がブリっ子じゃないんだけど、ホントに智彦のことが好きで好きで好きで。
常にイチャイチャしたい感じの子なのかな。
で、おすぎ。
智彦は見た目クソ真面目っぽくて、葉が「一緒に勉強しよう」って言ったらホントに勉強しかしないような子。
その含みに気付いてない感じで。
葉の押せ押せムードに若干押されてる部分もあったり。
いや、そういうことするのにね。
気持ちはちゃんと2人とも両想いだから。
あ、でも、最初に暴走したのは智彦だっけ?
↑そん時の結末?ら辺の焦ってる感じが面白かったです。
でも、やっぱ武内くんの可愛さが一番目立ってるかなぁ。
ホンマ可愛い。
………でも、気付いた。
アタシ、やっぱ「可愛い」受よりも「美人」受の方が好きなんだな。
もうちょっとクールっつーかそういうのの方が好きだと改めて実感。
同じ武内くんでも「ルネサンス」とか「恋のはなし」の方が好きだもんな。
あ、そういや、鳥ちゃんが葉の先輩役で出てました!
何を隠そう、葉が智彦のこと好きだって気付くことになった相手が鳥ちゃんです。
というわけで、チラリとBGMちっくに鳥ちゃん×武内くんのシーンが流れてました。
って、鳥ちゃん攻なのでそんな声は入ってないけどね。
武内くんが可愛く啼いてただけで(爆)

じゃ!

« 今期アニメ談。 | トップページ | きっかけは、鳥ちゃん。 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今期アニメ談。 | トップページ | きっかけは、鳥ちゃん。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ