Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« とりひら。「傲慢で残酷な純情」 | トップページ | とりふく。「ディール」 »

みきたけ。「恋のはなし」+4月決算。

ちょりーッス。
今日から5月ですね、サガンです。

そんなわけでとりあえず4月決算。
CDが5枚+付録CD1枚。
本が18冊、うち小説が13冊。
まあ1冊はフツーのミステリなんですが。
それ以外は完全に活字中毒の影響ですな。
エスコートシリーズも今月ほぼ集めましたし。
それ以外でも好き作家さんのがほとんどだし。
うへえ。
今月は何冊になるでしょうかね。
とりあえず、新刊1冊と「迷鳥」は決定ですが。

そんなこんなで本日の一品。

コミコミオリジナル特典付★4月新譜☆【コミコミ特典&特典付】●恋のはなし● コミコミオリジナル特典付★4月新譜☆【コミコミ特典&特典付】●恋のはなし●

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「恋のはなし」原作:砂原糖子
多和田知生:武内健 新山慶吾:三木眞一郎
石野和樹:石川英郎

『恋のはなし』
(あらすじ)
自分がゲイであるために生まれて29年間恋をしたことのなかった多和田。
そんな多和田に同級生で何かと面倒を見てくれている石野が彼氏候補を紹介してくれると言い。
当日、待ち合わせ場所に現れた相手に多和田は初めての恋をしていくのだが…。
実は現れたのは彼氏候補の人物ではなく新山で。
来れなくなった2人のために謝りに来たはずだったのだが、多和田に興味を持って。
自分が彼氏候補だと偽ったまま新山は多和田と接していき…。
(感想)
4月の新作。
フト見つけてみっくんだし砂原さん(@言ノ葉~)だし面白そうだなーってんで購入。
自分が生まれながらのゲイだと思うから女の子と付き合ったことなんてなかったし、周りにいるのは大抵ノーマルな男だから好きになってはいけない、みたいに思ってた多和田。
そんな多和田が石野の紹介でようやく自分と同じ性癖を持つ「恋をしてもいい相手」に出会えたと思って恋におちていくお話。
とにかく初めての恋なので、多和田が何をするにもスゲー初々しい!
ちょっとしたことでドキマギして。
そんでもって、初めてだからわからないことづくしで。
で、そんな時は素直に?質問しちゃったりするんだな。
「お付き合いしてからどれくらいでキスするものですか?」とかそんな感じで。
多和田の方が新山より1つ年上なんだけども、性格のせいか話し方が常に敬語っていうか丁寧で。
語尾が「~ですか?」みたいな感じで。
それもまた可愛いんだわ。
一方の新山。
新山は実は売れっ子脚本家で。
最初は石野の代わりに謝りに行ったはずだったのに、目の前の多和田が面白い素材だったのでちょっとフリして過ごしてって。
脚本のネタにしようとしてくんだけども。
一緒に過ごすうちに自分でもわからないうちにどんどんハマってって。
そんな様子がみっくんの声で見事に伝わってくんのね。
ゲイだと思ってる多和田に質問されてドキっとしてみたり。
仕事のことに突っ込まれてウザそうにしてみたり。
多和田にハマってく自分に浮足だってはしゃいでみたり。
変わっていく心情が見事に伝わってきます。
遊んでた女からの電話をバッサリ切るとことかも超面倒くさそうでかっこよかったー。
そんな2人ですが当然嘘がバレたら関係も破綻してくわけで。
騙されてることに気付いて不安になってる多和田と、恋をして夢中になって浮足だってる新山とが抱き合うシーンではホント2人の心情がまるで擦れ違ってるのが悲しいです。
新山は多和田がどんな気持ちでいるかなんて少しもわかってないんだから。
多和田がいくら「嫌だ」って言っても浮かれてるんだから。
その後、多和田が新山との連絡を取らなくなって、石野が真実を話したことも知って多和田の家に押しかけてくんだけども。
ここでのやりとりがなかなか好きだ。
新山が言うべきでないことを言って多和田が怒っちゃうんだけども。
それでも、最後はちゃんと多和田は新山を許すっつーかなんつーか…。
まさか、みっくんが泣くシーンを見れるとは!
最後の最後で新山と多和田だと多和田の方がやっぱ年上だからなのかなんなのか落ち着いてましたね。
新山の方が「捨てないで~」って感じで。
あと好きなシーンは2人でゲイバーに行った帰りのやりとり。
切ない感じがあってね。

『愛のはなし』
(あらすじ)
なにはともあれ、恋人同士になった多和田と新山。
ある日、新山にあることを言われた多和田。
多和田はそれを信じ守り続けていたのだが、石野と話しているうちにそれが嘘だとわかり…。
(感想)
生真面目な多和田は軽く言われた冗談のような一言を信じて。
それで、それが嘘だとわかった時に、それ以外のことでもいろいろそういう風に弄ばれてるんじゃないかって不安になっちゃうんだねぇ。
新山は軽い気持ちで言ってるんだけども、多和田は全部信じちゃうんだな。
そうやって多和田に言うのも全ては好きだからなんだけども、多和田にはそれがなかなかちゃんと伝わらない。
んー、もどかしい!
でも、最後はラブラブー。
最後の寝起きのシーンが好きかな。
なんかねー、しばらくの間に多和田が随分と色っぽくなられて(笑)
ステキだわー。

とりあえず、全編通して多和田が可愛かった!
武内くん可愛いじゃねぇか、畜生。
前回聞いたのが「ルネサンス」のクールビューティ?みたいな役だったので、また雰囲気が違ってて。
とにかく、初めての恋に一生懸命で。
29才だけど初々しくて可愛いんだわー。
で、対するみっくんは最初は騙したりするちょっとチャラいギョーカイ人て感じで。
だけど、多和田と出会って恋してどんどん雰囲気が変わってくんだよね。
今回はホント演者さんの素晴らしさを感じた気がします。
で、コミスタ特典のキャストトーク。
メンバーはみっくん、武内くん、英ちゃん。
みっくんと英ちゃんがデビュー当時からの仲良しさんてことで場の空気が終始2人で展開してる感じでした。
デビュー当時の思い出みたいなので、みっくんと英ちゃんが誰かのバックダンサーしてた時の話があって。
そういや昔そんな話聞いたことあるなーって。
誰だったか忘れちゃったけども。
とりあえず、みっくんと英ちゃんがホントに仲良しなんだってことがひしひしと感じられました。
あと、気になったことが1つ。
ブックレットなんだけども…。
原作読んでない時って場合によってはブックレット先読んじゃったりもするじゃん?
あらすじ的なのが書いてあったりするんだけども、結末まで書いちゃうのはどうかなー…。

じゃ!

« とりひら。「傲慢で残酷な純情」 | トップページ | とりふく。「ディール」 »

三木眞一郎。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりひら。「傲慢で残酷な純情」 | トップページ | とりふく。「ディール」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ