Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 本日のノルマ。 | トップページ | こにおき。こすのじ(兄)。「情熱のゆくえ」 »

こにおき。「ひそやかな情熱」

ちょりーッス。
サガンです。

そういや。
先月の決算報告してなかったなーって思い出したので一応発表しときます。
ゲーム1本
本(小説・コミック)11冊
BLCD7枚
あと、コミックとかゲームの付録CDみたいなのが2枚数
という結果になりました。
…CDはともかく、なんだかんだで本を結構買ってることに毎月気付いてる気がするんですが(苦笑)
どうりで本棚に入り切らないわけだ!
今月は買いすぎないようになんとかできるといいねー。

じゃ、本日の一品。

【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection ひそやかな情熱 / ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他) 【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection ひそやかな情熱 / ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

「ひそやかな情熱」原作:遠野春日
久保佳人:置鮎龍太郎 黒澤遥:小西克幸
東原辰雄:小杉十郎太 山岡:遊佐浩二

(あらすじ)
佳人は親の借金のカタとしてある組の親分の元で囲われて生活していた。
ある日、佳人は同じようにカタに奪られてきた少女をこっそりと逃がしてしまう。
当然のように罰を受ける佳人。
門前に放りだそうかというところで偶然居合わせた遥に拾われる。

(感想)
ええと…「艶悪」「艶恋」の本編の方ですね。
親が苦しむ姿を見るよりも自分が組に行った方がいいと思って身を差し出した佳人さん。
その関係は長く続いていたけれど、自分のような人を出したくない一心で庇い、自分の身を犠牲にすることに。
決して媚びることなく、そんな状況下でもどこか負けん気のようなものを持つ姿を組長は気に入っていたのだろうし、また遥も気に入ったのかもしれない。
特別、肉体関係が結びたいからという感じで佳人を貰い受けたわけでもなく。
ただ、そばに置いて自分の思うように扱う遥。
そのうちに仕事に就かせてもらえたり自動車を買ってもらったりと、優しいやり方ではなかったけれど優しい遥に佳人はいつしか惹かれるようになっていって。
それでも、自分は遥の所有物でしかないから、そういった想いを口にしようとは思わないし、ただ従うだけ。
遥が奉仕を求めればそうすることだって厭わない。
遥は実に不器用というかぶっきらぼうというか…。
とにかく、自分の感情表現が下手な人だと思う。
佳人が会社で怪我したからって会社を辞めさせたり、佳人と遥の仲を勘繰った秘書にナイフを突きつけられた佳人を庇って傷を負ったり。
そんなことは出来るのに、そんな時でも優しい言葉がかけられない。
怒ってるような口調になってしまう。
最後までいっても「好き」とか口にしないし。
ただ、ずっと「お前は俺のものだ」
それを最初から最後まで繰り返してました。
うーん、この人、ちょっと扱いづらいね(笑)
それでも、佳人はそんな遥を少しでも理解できたらいいなと思ってるし、理解していきたいと思ってる。
少し進展した関係が今後もっと深く結ばれるといいですね、みたいな。

…今回はサラリと短めの感想で。
今までの感想があらすじなんだかなんだかわからない感じの長いのが多かったのでちょっと改良してみようかと…。
というか、これは番外の方が好きだからそれほど思い入れがないから短くなってしまうのかもしれないが(爆)
ひとまず本日はこんな感じで。

じゃ!

>R子。
…ありがとうございます。
次は108ですか?
えーと…それ、来月かその次の月には確実来るよね。
無駄にいろんなの聞かないようにしようかな。
レビュー中心にして(笑)
たぶん、今月中に迎えることはない…ハズ(それはさすがに自分でもどうかと思うので)

« 本日のノルマ。 | トップページ | こにおき。こすのじ(兄)。「情熱のゆくえ」 »

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日のノルマ。 | トップページ | こにおき。こすのじ(兄)。「情熱のゆくえ」 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ