Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

とりひら。「傲慢で残酷な純情」

ちょりーッス。
なんとか我慢!
サガンです。

いや、メイトに行ってきたんですよー(笑)
欲しいマンガがあって。
今月発売だったのでね。
マンガ2冊買って、雑誌1冊買って。
ここまでは予定通り。
そんな今日は「デコイ」CD発売日(笑)
気になってたんで探してみたけども、なくて。
ないとなんとなく気になって。
近くの書店で発見!
どうしようかなーと思いつつ、なんとか我慢してみました。
とりあえず「迷鳥」が読みたかったのもあるし、どうせ週末、まただらけ行くし(笑)
コスト削減を考えてね。
今は家にも読むものたくさんあるし。
とか言いつつ、散々ノベルスコーナー見てきたんですが(…)
うーん。
やっぱりどうやら今は活字ちょい中毒系。
コミックよりもノベルス売り場の方が気になる。
そして、手にとって見てしまうのはやっぱり今目をつけてる何人かの作家さんで。
この間も1つ買ったけど、シリーズ全部集めようかなーとか思ってしまったり(爆)
とりあえず、家にあるの読みましょう。
そうしましょう。

そんなこんなで本日の一品。

LADY BUG・L FieldCD▲▲傲慢で残酷な純情【初回版】 LADY BUG・L FieldCD▲▲傲慢で残酷な純情【初回版】

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「傲慢で残酷な純情」原作:妃川螢
篠宮朝季:平川大輔 鷹栖煌一:鳥海浩輔
鷹栖聆一:高橋広樹 室生周正:安元洋貴
各務眞仁:神谷浩史 各務祥人:高城元気

(あらすじ)
人気俳優の煌一は、巨大企業・鷹栖グループの次男。
事業は辣腕の兄、聆一に任せきりとはいえ、常に危険と隣り合わせの日々を送る。
そんな彼が偶然にもVIP専門のボディカード派遣会社R.C.Sで再会したのは…高校の先輩、篠宮だった。
初めて煌一に抱かれたあの夜、彼の前から姿を消した美しき先輩…篠宮。
煌一は強引に篠宮を自分のSPとして雇うが…。
欲望色づく執着のプリズナー・ラブ♪

(感想)
例の如くシリーズの2作目(笑)
1作目は室生×聆一だったらしいです。
なので、この2人はデキちゃってます。
そんなにデキちゃってる感のある登場ではないですが。
篠宮と煌一は高校時代の先輩後輩で。
篠宮に一目惚れした煌一がしつこく告白をした結果、「じゃあ、俺を惚れさせてみろよ」みたいなことになって、付き纏うようになるわけですね。
篠宮は最初は鬱陶しくもあるんだけども懐かれることにそう嫌ではなく。
それでも、受け入れることもなく。
返事もちゃんとしないまま曖昧な先輩後輩の関係を続けていく。
それは篠宮が大学生になってからも続いてて。
一方で自立もしてない男はただの子供だ、みたいなことを言われていた煌一は役者として活躍し始めて。
そのプレス向け試写会のチケットをもらい見に行った篠宮は自分と煌一との間の歴然とした格差を感じ、そして自分の気持ちにも気付くのだが。
その後、偶然ガードとして再会した篠宮を煌一が我儘をとおしてガードにつけて、それとなく口説いて、みたいな。
平川さんが今まで聞いたことのある中では一番線の太い声だったかも。
いっつももう少し女っぽいっていうか嫋やか?みたいな感じで。
ガードのせいもあってかしっかりした感じなのかなぁ。
煌一と別れてから警察に入るんだけど、そこでのちょっとした事件で錯乱?してる平川さんはちょっとコワかったです。
いや、そうなるのはわかるんだけども、なんかびっくりでした。
平川さん、こういう声も出すのね…(声優ですもの)
鳥ちゃんはいつもの感じというか…。
相変わらずお似合いの雰囲気なんですわ。
どっか軽いっつーかなんつーか。
最初に篠宮と出会った時の無邪気な感じも可愛いし。
それが、ちゃんと意識して欲しくて迫ってる時はまた男前上がってるし。
再会して自分のガードにつけてる辺りでは本気でありつつ軽口を叩くような感じで篠宮に接して。
最後、篠宮の元上司が篠宮の過去を暴露してそれに対して怒る時は超本気っつーかコワイ感じの男前で。
最ッ高ステキでした☆
やっぱ鳥ちゃんだよぉ~vv(結局)
あとは高城くんが今までに聞いた中では一番キレイ系っぽい声で。
どっちかっつーと元気少年ばっかなイメージだったんだけども。
今回のは美形っぽかった。
喩えるなら、エスコートの真城さんみたいな?(わかりづらい喩えだな、ヲイ)
それから。
忘れちゃならないのが神谷氏。
思わず、呼び方もこんななっちゃうぜ、神谷氏。
ガード会社の社長なんだけども。
出番少ないんだけども。
何だこれ!
フツーに喋りゃいいのに、無駄に色っぽいんですけどー。
噂には聞いてたけどものすごいインパクトなんですけどー。
ぎゃふん!!
この社長の話も出ればいいのにー!
って、なりますよ(笑)
ちなみに。
今回、鳥ちゃんと平川さんはタメですが初対決だったそうでーす。

じゃ!

>R子。
何連休かはトップシークレットです(笑)

…鳥ちゃん貧乏はまだまだ続きそうです。
っていうか、今年はもう鳥ちゃんイヤーだと思ってますけども(笑)
ほら、いつの間にやらNO.2な彼ですから♪

エスコートシリーズもまとめて貸すことも出来ますが、紙媒体なのでそれなり重いよ?(笑)
のわりに、1段書だからさっくり読めてしまうっていう…。
東堂くんの謎が解けないのが嫌だわー。
どっかの作品とかでもリンクしてたらすっきりするのにー…。

邪道読みたいのかよ!
だったら、もっと早く言ってくれればよかったのにー。
現在、小説10冊、コミック6冊かな、出てるダス。
小説、文庫だからかなりさっくり読めるけど。
何なら、これの元になったアニパロ同人も持ってるし、その元になったアニメもDVDあるけど(爆笑)
これは面白いから是非読んで欲しいわぁ~vv
そして、仲間になって。

今回はホント相乗効果だね。
今まではどっちかっつーと同じヲタだけど畑違いなとこがあったんで、ここまで接点てなかったもんね。
だけど、今回は違う方向から入ったけど、同作者さんてことで歩み寄りが可能になった感じかな?
あ、ちなみに、そのうちあの作家さんの「歯科医~」はCD買います。
鳥ちゃんとべ様なので(笑)

こうなりゃお互いどんどん堕とし愛ましょう♪(撃沈)

いのたに。「重ねる指先」

ちょりーッス。
サガンだす。

世間はゴールデンウィークですね。
何連休もしやがって!
って、自分は一体何連休中なんだっつー。
てへり☆

今日も相変わらず活字中毒してました。
って言っても、そんな読んでないですが(どっち)
とりあえず、今はR子に借りた本を読んでます。
いろんなのが読めた楽しいです。
しかも、短いお話の中にそれぞれにムフフシーン(どんな言い方…)があるのでね。
いや、なくても全然お話面白ければいいんですが。
CD聞いたことのあるやつとかだと声がキャストで聞こえてきて更にムフフです。
いやー、面白い。

図書館にも行ってきました。
こう見えて真面目な本も読んでます。
政宗の続きを借りてきました。
あと2冊で終わりだすー。
これ終わったら何読もうかなぁ。
伊達成実とかあるかな?
…最近、フト思ったんですけど、アタシって軽く今はやりの「歴女」ってやつですか?(笑)
戦国武将と城が好きなんですが…。
え、今更?(爆)

そいでは久しぶりにCDレビュ的な。
ずっと前に書いたので超ネタバレ的ですん。

【送料無料選択可!】HCDシリーズ 重ねる指先 / ドラマCD 【送料無料選択可!】HCDシリーズ 重ねる指先 / ドラマCD

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

「重ねる指先」原作:きたざわ尋子
岸本真弥:谷山紀章 矢崎喬之:井上和彦
武邦和:遊佐浩二 小宮大輝:高城元気
岸本仁司:中村大樹

(あらすじ)
真弥はある雨の夜、従兄弟の仁司と食事をした際、あやまって女性にぶつかり女性の持っていたバッグを駄目にしてしまう。
女性はバッグの弁償を要求し、その額は100万にものぼるという。
両親を亡くし唯一の肉親である姉も入院中の身の上の真弥には払えるはずもなく途方にくれる。
とりあえずの話し合いを従兄弟に任せてその場を去った真弥はボーっと歩いていたせいか車にぶつかりそうになってしまう。
そして、その車から降りて来たのが矢崎だ。
矢崎は真弥を自宅まで送り届け「何かあったら電話しなさい」と名刺を渡した。
翌日、話し合いの結果を聞きに従兄弟のところに行くとやはり弁償ということになっていて。
その代金を肩代わりするかわりに自分のモノになれと言われて真弥は逃げ出した。
鞄を従兄弟のところに置いて来てしまったがなんとか定期があるから家には帰れる。
と、一緒に入れていた名刺が目に入り気がつくとそのダイヤルを押していた…。

(感想)
GRANRODEO(きーやんと飯塚さんのユニット)にちょっくらハマって曲をずっと聞いてたんだが、フト「きーやんてどんな声してたっけ?」って思って。
きーやんの顔は思い出せるのに歌声は出て来るのにフツーの声が浮かばない。
声優なのに…。
記憶にあるのはあんなやんちゃそうなナリして受だったなってことくらいで(爆)
そんなわけで、きーやんモノを探していて見つけた作品。
真弥は美少年の高校生。
そんなわけで仁司にも狙われてしまうわけですが。
矢崎に電話してとりあえず彼のマンションに行って。
事情を説明して。
それでも落ち着いたら真弥は仁司のところに戻ると言う。
自分が逃げれば仁司は姉を代わりにすると言うし、だからといって払えるお金はないから。
そんな真弥に矢崎は自分が代わりに払うと告げる。
会ってすぐの人にそんな大金を頼めないと言った真弥に、「それじゃあ、君の1週間を買おう」と矢崎は休暇中の相手を頼む。
その中には抱き合うことも含まれていたが矢崎に対する行為がなかったわけではない真弥はその条件をのむ。
とはいうものの、矢崎は最初、真弥に遠慮していて。
というか自制していて。
けれど、真弥は家事の手伝いさえさせてもらえず、自分にはそれしかないからと誘うようなことを言って、2人は肌を重ねる。
翌日からは貪るように抱き合って。
1週間の恋人契約はあっという間に過ぎてしまう。
互いにどこか惹かれる部分を感じながらも、何も言わないまま別れる。
それからというもの、雨の日になると矢崎のことを思い出してしまう真弥。
それでもどうしようとも思わずそれから2年が過ぎたある日。
ひったくりに遭い通帳とカードを盗まれた真弥。
すぐに銀行に口座の凍結を頼んだが既に現金は引き出された後で。
引き出すのに必要なはずの印鑑は部屋が荒らされ盗まれていた。
実は2年前のバッグの件は仁司の仕組んだものであった可能性があって。
それを矢崎が見抜き詐欺として立証できるように書類を集めてくれたことがあった。
それを逆恨みした仁司が徹底的に真弥を縋らせるために仕掛けてきたようなのだった。
あまりのことに恐怖で動けなくなってしまった真弥はやっとの思いで、もう迷惑をかけるまいと思っていた矢崎に電話し、また頼ってしまう。
真弥はこんな時ばかり矢崎を頼ってしまう自分に不甲斐なさを感じる。
そうして、矢崎は電話してきた仁司に犯罪として訴える意志があることを伝える。
この頃、塾講師のバイトをしていた真弥は生徒の大輝から幾度となく家に誘われたりしていた。
そんなある日、ついに居場所をつきとめた仁司が塾にまで押し掛けて真弥を連れ去ろうとする。
そこへ大輝が呼んできた矢崎が駆けつけて真弥を助けるのだった。
大輝は矢崎の親戚の子だったのだ。
お互いにお互いのことを想い続けていた2人だったが、再会してからはぎこちない関係が続いていた。
2人は本当の自分の気持ちを打ち明け合い晴れて結ばれるのだった。
…てな感じです。
感想としては…美少年真弥なきーやん。
普段に喋ってる時は、まあ美少年かなって思うんだけども。
ベッドに入ると若干、男らしすぎね?って思うところも。
普段があんななんだからもうちょっと可愛くってもいいんじゃないの?とか思いました。
そこがちょっと残念だったかな。
和彦さんはフツーに金持ちのイイ社長でした。
手はちょっと早いけど(笑)
高城くんはまんまって感じだし。
あと、上のあらすじ?みたいなのには全然書いてませんが、ゆっちーが和彦さんの1つ年上の部下役で出てて。
矢崎とかなり仲良しっつーか、なーなーな感じなのね。
矢崎と真弥がくっついた時とか茶々入れたり。
それがステキでした。
ゆっちーナイス!!
あとは和彦さん本人がキャストトークで言ってましたが、塾のガヤのシーンで、和彦さんも12才の塾生役してます!!(笑)

じゃ!

>R子。
わお!
さっすがちゃんと動いてる人は筋肉痛にもならないんだね。
アタシももう筋肉痛は取れたぜ☆

…あれはもうめっきりドツボでした。
鳥ちゃんが!(中の人で言わない)
2CPって言っても鳥ちゃんとこはサブだからそんな出ないのかと思ったんだけども、完全に2CPて感じで2つともメイン系なのね。
なので、出番いっぱいだったのでCDも欲しくなっちゃったのだ…。
もちろん「迷鳥」まで買うさー。
とりあえず、小説だけども。
また揃えたら貸すから読んで!!

CDはちょうど今日サイト見たので知ってましたー。
でも、買うぞー!!
っていうか、この夏、出費が結構…。
「迷鳥」出るし、その翌月にはひろC×のGのも出るし(これもインター)。
そんでもって「薄桜鬼」も出るしー。
うへえ。
鳥ちゃん貧乏ですか、これは?(笑)

っていうか、さすがに中毒者は読むの早いなぁ(笑)
今度エスコートシリーズまとめて渡そうか?(笑)
あ、アタシが大好きな川原さんの「邪道」シリーズ読む?
これ超大好きなんだけどー。
…てな感じで相乗効果で堕ちてくんだな、俺達。

原稿は今日のノルマはこなしましたよ。
でも、これからいろいろ辻褄合わせをしていかないと…。
っていうか、どうやって終わらせようかしら。
ユーもちゃんと原稿やってねー。

「デコイ 囮鳥」読了。

ちょりーッス。
昨日から腕が筋肉痛ですよ、サガンです。

てへり。
原因はわかっているのだよ。
例の『紙媒体』(笑)
結局、日曜はなんやかんやで数えてみたら紙媒体を10冊以上持ち歩いてたんだよね。
買った本のほかにも貸し借りしてた分があったから。
そら、筋肉痛にもなるわな!
でも、翌日に来たからまだ若いってことで(笑)

そんな日曜に買った紙媒体の1つ。
ホントは買う予定なかったんだけどねー。
CDの方で鳥ちゃんが出てるってので気になって買っちゃったのさ。
それを今日1日で読了してみました。

デコイ(囮鳥) デコイ(囮鳥)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「デコイ 囮鳥」
…正直、これ、ヤバイ!!(笑)
鳥ちゃんがやるってんで元から気になってる人物だった那岐。
この人のキャラがスゲーツボで。
マジ好きなタイプでさー。
…なんかホント最近こんなんばっかなんですが。
世界で一番大切な相手がいるのに過去の自分の秘密を言えなくて。
そんな那岐にずっと好意を持ってる加賀谷を受け入れたいと思うのに、身体の最後で拒否してしまう部分があったり。
一度、過去に那岐が拒んでからは加賀谷は求めないし、表面上はそれなりの均衡を保って仕事のパートナーとして過ごしてるんだけども。
このビミョーな関係がスゲーなんかいいです。
那岐の気持ちもホントのホントに拒んでる感じでもなくて。
いや、身体が拒絶反応的なことになる部分があるみたいなんだけども。
それでも、絶対的に一番自分に必要なのが加賀谷という存在なのかわかってて。
那岐次第でこの均衡が破られるのは確実で。
でも、今はまだ仕事があるから…みたいな。
那岐の中できっと過去と決着をつけないと加賀谷とのことは踏み出せないと思ってるのかな。
CDが聞きたくてたまりません!!(堕)
鳥ちゃんがスゲー似合いそうな雰囲気なんだもん、那岐って。
ちょっとチャラいやんちゃ坊主ちっくな(といってもそんな若い年でもないが)感じで。
加賀谷はそのお目付役っていうか相棒なんだけども。
そういうちょっと硬い感じで。
って、実はホントの主役は那岐でも加賀谷でもなくて(爆)
記憶喪失な安見なわけですが。
こちらは火野という妖しい男と暮してたりするわけですが。
こっちもこっちで何やらいろいろありげで。
ちなみに火野は子安くん。
なので、鳥ちゃんと子安くんボイスで脳内では進んでました(ほかの2人は今イチ声が掴めてないのでそのままだったが)
アタシは那岐たちの方が断然好みなんだな。
とりあえず、早いとこ続きを買ってこよう。
そんでCDは集めたいと思います。
うわー、これはドツボだね。
…うへえ!(爆笑)

じゃ!

>R子。
哄笑は甘んじて受けます!
つーか、これはもう受けざるを得ない状況だしね?
っていうか、自ら堕ちたとしか言いようが…。
いや、でも、面白いんだもーん。
ツボったんだもーん。
しかも、鳥ちゃんだしー。
…ドツボです。
てへり(笑)

…ユカリはやっぱ苛めたくなるよねぇ。
あの子はきっとエスコートのいじられ役さ☆
苛めて苛めて泣かしちゃえー。
のじーだしちょうどいいよね!(何が)

あ。
「コルセーア」新刊情報あったと思ったのになかったー。
あれれれれ?
一体どこで見間違えたんだろう。
…すまん。

カオスったー。

ちょりース。
サガンだす。

本日はお疲れ様でした。
カオスってきましたよー。
今回はすっごいあっさりした買い物でした。
いや、時間的なとこがね。
買ったものはあっさりってわけでもないけども(笑)
つーか、今回の旅のメインがノベルスだったのでね。
貸し借り分の本とかもあってR子と2人で「紙媒体だから…」と何度言ったことか。
ホント、今日一番2人して発してた言葉は「紙媒体」だと思いますん。
そんなこんなで紙媒体を4冊もGET(笑)
ま、3冊は欲しいなと思ってリストアップしてたものなので何の問題もなく。
もう1冊は鳥ちゃん関係で気になってて。
帰ってパラパラとめくってみたんだが…。
ヤバ…ドツボるかもー(撃沈)
ちょっと楽しそうな感じが匂ってきてヤバイです。
とりあえず、読んでみていろいろ考えます。
あううううう。
R子の哄笑が聞こえてきそうで嫌だわー(笑)
というわけで本日の戦利品はノベルスが4冊とCD1枚。
CDもすっげー探してたやつなので、あっさり見つかるあたりさっすがカオスですな☆
CD楽しみだーvv

そういや。
この間のアニメ談で「天地人」の話で直江が死んだって書いたけどまだ死んでなかった。
今日死んだわ(爆)
そして、NEWキャラで登場したのは三成でしたー。
わー、三成♪
相変わらず信長かかっちょいーですね。
くふふ。

じゃ!

「リミット」読了。

ちょりーッス。
本日は雨でした、サガンです。
そんなわけで予定変更。
カオスは明日行くダス。

さて。

リミット 著:水壬楓子 リミット 著:水壬楓子

販売元:南海ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「リミット」読了。
うわーうわーうわー。
…このエスコートシリーズ、なんだかんだで毎回やられてるような気がしないでもないんですが。
最終的に今回のCPが一番好みのお話だったようであります。
はい。
今回はタメの2人だったんですがね。
2人ともお互い相手に対して「負い目」を感じてる部分があって。
それを隠しながらっていうかなんていうか。
とりあえず、受の由惟の性格っつーか考え方がスゴク自分的にツボでした。
卑屈ってことじゃないんだけども、どっか内にこもっちゃう感じで。
それを表に出さないっていうか…。
攻に対しては強気に出てみたり、どっかツンな印象もある人でさ。
なのに、内面が不安だらけ…みたいなとこがスゲー好き。
続編の方では、そういう内面の不安みたいなのとかが由惟だけじゃないて良太郎の方にもあってってのがわかってきて。
なんかちょっと泣きそうになりましたよ(大苦笑)
うわー、ヤベェよ。

これでエスコートシリーズをコンプリートしたわけですが。
キャラ的にいうと延清、由惟、夏目あたりが上位なんですが。
お話…というかCPとしてはリミットの2人が一番好きかな。
延清んところはまだCPって感じじゃないっていうか、延清が成長段階な気がするのでね。
まだまだCPとしては見れないっていうか…。
ま、お互いが唯一無二の大切な存在なんだってのはわかるんだけども。
たぶん、律っちゃんがスゲー優しくしてくれるから、そういうのをアタシが求めてるわけじゃないんだと思う。
うん。
どっちかっつーと、強気?というか強がりちっくな受の方が好きなのでね。
なんか言ったら皮肉が返ってくるような。
そういう意味ではやっぱ由惟のところとか夏目のとこが好きなんだな。
真城んとこは清家がすげーヘタレわんこだからさー…。
あと、ユカリんとことか榎本んとことかは平和すぎてねー。
どっか、ちょっとねじれてるっつーか屈折してるようなとこがある人が好きなんだと思うわ。
って、みんなそんな屈折してないんだけどね(どっち!?)
イチャラブ話よりもちょっとしんどいかなーくらいの話が好みってことですよ(どんなまとめだ)

じゃ!

>R子。
ちょりーっス!(初心に返ってちょっと高めのせっちゃん声でどうぞ)
今日はホント雨だったので紙媒体はヤバスなのでねー。
全然OKですよん♪

てへり。
なんか気付けば自分でも大変なことになってると思うよ(苦笑)
結局は全般的にオタクだってことだよね。
ぐふ。
ゲームだけは今までわりと手をつけてなかったんだけども。
昨今のフルボイス効果によって手を出すことに…(笑)
だって、声がよくて絵がキレイでお話が好きだったら買うっきゃないでしょ?

…あのハム様はね、ハム様知ってたら笑っちゃっても仕方ないよね?
って、サイモン氏がコニタンだったのはそう伏線!?(笑)
だったら、先に東堂くんの話出してよー!!!!!(結構切実)
小説でもいいから東堂くんの話が読みたいぜー。
もち、CD出たら鳥ちゃんだし即買いですが☆

では、また明日☆

naraku104

今期アニメ談。

ちょりーッス。
今日も元気だ、サガンです。

いや、ちょっと寝不足かな?
つーか、昨日の夜、全然寝られなくてビビった。
なんでだ?
昨日、ドリンクバーでカフェイン摂り過ぎた?
布団入ってから2時間以上寝れませんでした。
親がいなかったら起きだして小説読むことも出来たのにー。
あう。
時間がもったいないよー。

さて。
今日はずっとやろうと思っていた今期のアニメの話でも。

□07-GHOST□
最初2話くらい知らなくて見逃したんですが。
とりあえず、ネットで押さえて見てみました。
絵がキレイで見やすいの。
しかも、結構好きなキャストも出てるし。
今のところ、お気に入りのキャラはべ様のキャラとハマケンさんのキャラ。
雰囲気が2人ともちょっとナンパな感じ?(笑)
これ、Iさんが見てるらしく。
会社では誰も見てる人がいなくて話が出来なかったとか。
アタシがお気に入りのキャラを言うと「サガンさん、絶対好きそう」とすっかり見抜かれてました。
てへり。
そうそう。
はやみーが出てるんだよー。

□涼宮ハルヒの憂鬱□
前にNさんが面白いって言ってて。
アタシの知識としては平野綾が出てるなーってのしかなくて。
1話目見た瞬間。
「うわ、おすぎ!!」
そう、おすぎが出てんだよ。
キョンがそうなんだが。
このキョンが基本的にナレーション的なとこもあったりして喋り倒しなんだわ。
ほとんどずっと喋ってんの。
アタシ、どうもおすぎの声好きなんだよな(笑)
そんなわけで見ております。
お話は不思議っちゃー不思議?
世の中の男性諸君はああいうのに萌えを感じるんだぁとか思ってみたり(笑)
ちなみに前回からは小野Dも登場してるぜ!

□Run Run LAN!□
これはアニメではなく音楽番組。
ランティスの10周年記念番組なんだって。
メインはJAM Projectのメンバーなんですが。
ゲストを呼んでの番組らしい。
ランティスなので、そのうちGRANRODEO(きーやんとこのユニ)とか小野Dとかみっちゃんとか鈴とか出るかなーってことで見ております。

□Pandora Hearts□
鳥ちゃんが出てるのでチェックしております。
鳥ちゃんの出番はまだまだ少ないですが。
これからこれから。
彰くんが1人2役?してるのも見てて楽しい。

□東のエデン□
キャラデザだかキャラ原案だかがハチクロの作者さんなのね。
なので、絵が見やすい。
どこかほんわかした感じ。
お話自体はそこまでのんびりした感じではないのかもしれないけども。
なんとなく見てますん。

□リストランテ・パラディーゾ□
ちょっと気になって見てみました。
………。
えと…そういう話なのかどうなのかは知らないけどさ。
なんか、老け専番組みたいである意味面白い(笑)
老眼鏡着用義務のレストランて何!?(オーナーのお嫁さんの趣味なんですが)
みんなイイ感じに老けたおじさまたちなんだよね。
なんか、面白いです、これ。

□戦国BASARA□
これは最初っから見ようと思ってたやつですね。
我らが政宗さまですからvv
やっぱステキですわ。
小十郎との主従具合とかも。
ほかのとこの主従もみんな独特でステキですが。
上杉とか武田とか(笑)
っていうか、個人的に笑ったのは1話目の光秀登場シーン。
本願寺倒されてるし!!(爆笑)
本願寺、登場したけどキャストなしみたいなー。

□神曲奏界ポリフォニカクリムゾンS□
神谷くんのアニメです。
がっつり主役。
妖精さんを呼び出すのに音楽(神曲)を奏でるって感じ。
でも、その奏でるのがなんかキーボードだったかな。
もっとクラシカルな何かかと思ったらそうじゃなかったのでちょっと驚いた。
コニタンも出てるんだが。
コニタンのキャラの容姿がわりと可愛らしい?系でびっくりしたけど、中身はいつもの感じのちょっとチャラい感じでちょっと安心した(笑)
ちなみに、コニタンはエレキギターちっくな感じですん。

□鋼の錬金術師□
みっくん出てますから当然見てます。
前回のを見てなかったからどんなお話なのかはまだちゃんとわかってないけども。
弟くんが可愛くて案外好きだ。
いや、でもキャラ的に今は啓治さんのやってるヒューズがなんか好きかなぁ。
ロックオンの部下にアリー、リジェネとネーナが兄弟…ダブオな考え方が抜けなくてすみません(笑)

□花咲ける青少年□
キャストの関係で見てます。
カッキー出てるんで。
で、ぶーちゃんに小野Dですし、べ様もいたな。
絵が時々汚くなったりするんだけども、とりあえずもう少し見てみましょう。

□アニソンカフェゆめが丘□
地元局はすごいチョイスの番組がやってたりするよね(笑)
これはたぶんある養成所関係の番組なんだな。
ゲストを呼んでのトーク番組的なんだが。
そこのカフェのオーナー?(チーフ?)が羽多野くんで。
なので、見てみたんだが。
後ろに養成所の子たちっぽいのがメイド服でズラリなんだが知った顔はないし。
ゲストも女の子だからアタシがわからないのかなぁ。
知らない人だったりするんだけども。
いつか誰か来るんじゃないかと見ております(笑)
なんか芸人のパクリみたいなコント崩れがあったりいろいろおかしい。
タイトルにアニソンて付いてるから歌ったりするのかと思ったら、アニソンのメロディーラインに乗せて後ろの子たちがゲストに質問ソング歌ってたよ!!
なんか変で面白い。
そして、羽多野くんの顔が前ヲタの頃にメインでやってたCPの受の子に似てるんだと気付いたぜ!(爆)

と、まぁ、ざっとこんなもん?
多いよ!
多いよ、サガンさん!!
さっすがお家にいるだけのことはあるね。
さすがに仕事してたらここまで見れてなかった気がするし。
ほかにも以前から継続中のものも。

□シンケンジャー□
これ真剣面白いんですけどっ!!
つーか、完璧、青×赤萌え(笑)
この青見てて、「これがいわゆるヘタレわんこなんだなぁ」と強く感じたですよ。
青が赤を好き過ぎるんだもん。
今回のレンジャーは5人だけど、赤が「殿」でそれ以外の4人はその部下って形になるのね。
年齢層は同じくらいなんだけども。
青がね、もう常に「殿~」「殿~」言うてるんですよ。
赤は別にそんな青を気にしてるふうでもないんだけども、それなりに信頼してきてはいるみたいだし。
赤は一匹狼っていうかあんま感情とか出さないとこがあるし、別にキレイな子でもなんでもないんだけど、時々可愛く見えたりするから困るぜ!!
雰囲気的にはヘタレわんこ×ツンデレになるのかなぁ…。
デレてくれるか知らんが(爆)
今後も楽しですわ~。

□ディケイド□
仮面ライダーですな。
いよいよ今週は電王世界に行きますよん。
俊くんの声が聞けますよーんv
ゆっちーとかも出てくるといいな。
ま、みっくんは無理だろうけども…。
電王もまた見直したいなぁ。
今度はゆっちーに注目して(ぇ)

□天地人□
この列挙に並べていいのかいささか疑問だが。
とりあえず、見てるのはアニメ以外だとこれくらいなので一緒に書いとく。
御館の乱も終わりまして、高耶さんも直江も死んじゃったし(違)
次は何の楽しみがあるかなぁ。
やはり幸村の登場かしら?
先週、家康と本多正信も出てきましたしね。
政宗はまだ出てこなさそうな気がするしなぁ…。

ま、そんな感じですわ。
そいじゃ、明日はカオスってきます。

じゃ!

あ。
「薄桜鬼随想録」の応援バナーいっぱい貼ってみました(笑)
ゆっちーに鳥ちゃんにみっくんに津田さん(中の人で言わない!)

そうそう。
それで思いだした。
先日までネットで「隠の王」見てました。
絵がキレイで面白かったス。
って、それを見ようと思ったきっかけが津田さんだったのね。
津田さんが出てたので見てみようって気になって。
見てみたら面白かったわけ。
しかも、津田さんのキャラがめーっちゃ好みのタイプで(笑)
もう、毎回そんなんだからキャラが好きなのか、津田さんだから好きなのか悩むんだが。
このキャラがやっぱイイ感じにチャラい?くせに世話好きで。
ある男の子の世話を上から頼まれてずっとしてるんだがなんかとにかく男の子にかまってる津田さんが好きでしたん。
根はイイ人なんだよ。
で、このお話的にも、ある種、その男の子がキーパーソン的なとこあって。
最後は静かに終わって行くのかなーって思ったら、切ない終わり方された。
くそぅ。
いいじゃねぇかっっ!!
で、見終わった後、サーチとかで2人のCPないかと探してみたがあんまないんだな。
まぁ、男の子は主役(男の子)とラブラブっちゃーラブラブですから。
そんで、津田さんには仲間のべ様があてがわれておりましたとさ。
って、何の話ー!

ヲタ定例会+「エスコート」読了。

ちょりーッス。
サガンです。

ぷは。
ただいま、帰宅。
元同僚(ヲタメン)に遊んでもらってきましたー。
って、今日は仕事の日だったのでごはん食べてダベってただけですけどもー。
それでも5時間以上くっちゃべってたわけですが(笑)
相変わらず濃い話題でした。
いや、いつもよりはリアルの話が少なかった気がするからその分マシなのかな?
でも、BL話で盛り上がってたのは確かです。
あとはアニメの話とか。
とりあえず、やっぱりヲタ話が多かったです。
ま、ちょっとは会社の話とかもしましたが。
みんなが相変わらずでよかったよかった。
また遊んでもらおーっと。

と、その前に。
ついでなので古本屋に行ってきました(笑)
いや、週末にナラクに出る予定ではあったのですが、そこで買うよりもこっちで買った方が安いだろうし。
前に行った古本屋に欲しい本があるのもわかってたので。
ごはん行く前に早めに家を出て寄ってきました。
…くふふふ。
「リミット」はっけーん!
これでエスコートシリーズが揃いましたよんvv
そんで、昨日アップした「クラッシュ」の夏目さんの弟の話も見つけちゃったのでうっかり購入。
そんでもって、ほかに何かないかなーって見てたら、「サウダージ」でおなじみの(笑)華藤えれなサンのでちょっと気になってたやつも見つけちゃったので迷ったが買ってしみました。
「サウダージ」もあったので買おうかどうしようか迷ったんだけどね。
とりあえず、本編のみだったのでまた次回にしようかなって。
来月の新刊の方が欲しいし。
でも、そのうち買うかも(笑)
だって、イラストが好きな作家さんなんだなー(笑)
その前に週末に異国シリーズの別のお話を探しますが。
で、更に最近お気に入りの作家さんのコミックを見つけて購入。
自分どんだけ!!
うっかりBL小説ブームが来てて大変ですよ(笑)

さて。
そんなわけで。

エスコート 著:水壬楓子 エスコート 著:水壬楓子

販売元:南海ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「エスコート」も読了です。
これCDで聞いてたから買わなくてもいいかなーって思ったんだけども、買って正解でした。
うん。
これは買わなきゃダメだったなぁと思いましたよ。
ま、本編の方はね、CD聞いてるから「そうだったね、そうだったね」って感じなんですけども。
続編の方でグッとやられてしまいましたのことよ(何人…)
ユカリが普段明るいからそういう元気な子なんだってどこか思いこんでたけども。
そうじゃない部分ていうか、そんな子だって淋しい気持ちとかそういうのあるよねーって。
真城も言ってたけど、そういう弱み?を自分から主張する子じゃないし。
強がっちゃう部分があるんだよねーみたいな。
先にね、読む前にイラストだけパラパラめくってて。
イラストページの文章だけどうしても目に入ってしまうからチラッと読んじゃったりもしたんだけども。
それだけで「うわーうわーうわー」てなって。
ものすごい切なくなっちゃったのですよ。
この2人はなんとなく明るいイチャラブ?CPな感じなのかなーって思ってたので。
ユカリのそういう部分が見れてよかったですん。
先にCDを聞いてるせいか全部、のじーと賢雄さんの声で聞こえてくるし。
これも楽しかった。
ちょっとこの続編CD化して欲しいくらいだよ。
だって、のじー泣いてるし!(出た!!)
あと「すっきりした」ってセリフがどんな感じで言ってくれるのかも聞いてみたい(笑)
ふと気付いたけど、ここも年の差CPでしたん。
32才×21才なんで。
エスコートシリーズって年の差多いよね。
榎本のとこも14才差だし。
一番近いのが真城んとこかなぁ。
延清んところもそう近くはないし。
ラスト「リミット」はどうなんだろう。
楽しみー。

そういや、今日は家を出てる間に宅配の不在票が入ってました。
みっくんの新作CDですん。
んふふふ。
明日聞くぞー!

じゃ!

「クラッシュ」読了。

ちょりーッス。
サガンですん。

部屋の整理をして、昔の書きものを見てたらやっぱり自分がひねくれた子が好きなんだって判明しましたよー(笑)
前ジャンルで自分的メインCPが根暗イケメン×ひねくれ姫(男)だったってわけ。
しかも、年下攻でドマイナー。
というか自分発信のCP、みたいなー(爆)

さて。

クラッシュ 著:水壬楓子 クラッシュ 著:水壬楓子

販売元:南海ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「クラッシュ」読了しました。
うーん…侑生が結構好きかもしれん(笑)
というか、このCPもわりと好みの感じだわ。
現在、第2位!
現役高校生17才×警視庁管理官28才。
うひょーな年齢差の年下攻。
しかも、高校生だよぅ。
見た目はそんな感じはなく落ち着いた感じなんだけどね。
侑生は素直と言うか嘘がない子で。
独特の?言い回し?になってたりするんだけども。
そんな侑生が目をつけたのが夏目で。
夏目は元々はそういうバーで遊び相手を探したりはしてたんだけども攻なんだよね。
それが、うっかり侑生をお持ち帰りしてみたら逆に襲われちゃった、みたいな。
子供に襲われたのが自分のプライドに引っ掛かってなかなか素直になれない。
っていうか、だんだん心の奥の方に侑生の存在が浸透してて。
自分が言った突き放すような言葉に出て行った侑生に漸く自分の気持ちに気付いて切なくなったり。
今回のお話はエスコートの番外編的なノリ。
直接エスコートのメンバーはほぼ出てこないし。
チラリズムでオーナーの榎本が登場して、それより更にチラリズムで真城が登場するくらい。
ま、メインの片方がエスコートの関係者ではあるんだが。
榎本が「年上に甘やかされるのは嬉しいですよ」みたいなことを言ってたのが印象的だったわ。
あんた、年甲斐もなくそんなことを…って。
ま、夏目たちのことを思って言ってるわけですが。
別シリーズで夏目弟(双子らしい)の話もあるらしいのでちょっと気になる今日この頃…。
そいでは、スタートに戻って「エスコート」を読みたいと思います。

そういや。
先日書いてた「サウダージ」のスピンオフ。
これ、異国シリーズっていうらしいんだが。
それの第5弾はゆっちーではなく平川さんのお話らしい(中の人で言うのは辞めなさい)
マフィアのボス×愛人(元々はボスの養子)
わお!
切ない系らしいので是非買いましょうvv

じゃ!

「ディール」読了。

ちょりーッス!
サガンだぷ。

今日は図書館に行ってきたぞー。
政宗の続き借りてきたー。
只今、4冊目。

さて。
本日の本題(笑)

ディール (リンクスロマンス) Book ディール (リンクスロマンス)

著者:水壬 楓子
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エスコートシリーズの第2弾「ディール」読了しました。
いやー、読んでよかった!
…ものすごい好みの話だった。
CDレビューとかでそれなりに話は知ってたんだけどね。
もっとなんか大変な話かと思ったらそうでもなかったよ。
ここまで「エスコート」聞いて「ミステイク」「フィフス」「ディール」と読んで。
延清が一番好みです(笑)
すまん、真城の時代は終わったよ…(違)
いや、真城も好きなんだけどさー。
延清の方がより好みで。
っていうか、自分がもしかしたらちょっと大変?な人が好きなのかもしれないとわかり始めたよ…(真城はどっちかっつーとツン系?の好きかも)
お話的にもこの2人のお話が一番好みだったし。
一緒に入ってた続編の方が特に好きだな。
っていうか、延清が徐々に変わり始めてるのが読んでて楽しいの。
本人も気付いてない「感情」ともまだ呼べないような「衝動」で動いてるのがステキでしたん。
でもって、律っちゃんが健気すぎてさー。
そら、ユカリでなくても心配したくもなるわよな、って感じで。
CDもめっさ聞きたくなりましたん。
なんとなく鳥ちゃんは想像出来るんだけども、じゅんじゅんてどんな感じなんだろー。
いや、それなりに2人とも想像出来るんだけどね、うん。
とりあえず、今度CD探してくる!!

というわけで続いて「クラッシュ」を読んでますよー。

じゃ!

すわとり。「STEAL YOUR LOVE」

ちょりーッス(この再、この挨拶は来年の映画まで引っ張るか!笑)
サガンですん。

本日も元気のヲタってましたよーん。
アニメ見たり小説読んだり大河見たりCDが届いたり。
結局、原稿はしてませんが。
ドンマイ!

じゃ、本日の一品。

【中古】ボーイズラブ小説 STEAL YOUR LOVE 【中古】ボーイズラブ小説 STEAL YOUR LOVE

販売元:ネットショップ駿河屋 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

(CDの画像がなかったので小説画像。ジャケは一緒。っていうか、小説自体が別レーベルに移ってるぽい。潰れたのかな?)

「STEAL YOUR LOVE」原作:妃川螢
如月柊士:鳥海浩輔 不動師眞:諏訪部順一
羽柴:中田譲治 マネージャー:飛田展男

(あらすじ)
スキャンダル帝王の異名を持つ人気俳優・如月柊士。
彼が思わぬところで再会を果たした相手は、高校時代、常に対極にあった存在――不動師眞だった。
優等生の面影は消え去り、ナンバーワンホスト【カズマ】として跪いてみせた男は、戸惑う如月に悠然と微笑む。
その挑発に、忘れていたはずの対抗心を掻き立てられ、深酒が過ぎた如月が意識を取り戻した場所は、なんとカズマの腕の中で…!?
フェロモン系セクシーで極上な男たちの、スキャンダラス・ラブ!

(感想)
初めての、べ様(=諏訪部さん)体験でした(笑)
抱かれたい男ナンバーワンの俳優がナンバーワンホストに抱かれる話です(爆)
元々は同じ高校に通ってた2人で。
けれど、当時からチャラかった?柊士と優等生だった不動とでは接点もなく。
互いに「違う世界の人間なんだ」みたいな目で見てて。
それが、女に連れられて行ったホストクラブで再会し、あっという間に親しい関係に。
一重に、不動の柊士の扱いのうまさ故だと思うんだが。
でもでも。
そうやってなし崩しじゃないけど関係を持っちゃうのは柊士の方でもずっと意識してたからであって。
気持ちが全くないわけじゃないからなんだよな。
っていうか、ホントは寝る前に告白っぽいこともしてるんだけども、当人が覚えてないんだがら困っちゃう。
だから「一夜限りの遊び」みたいなことになりそうなんだけども。
そこでそうならずに上手く転がしてくのが不動なんだよなぁ。
「本気で嫌なら、本気で拒め」みたいなね。
ホント、この人、柊士の扱い上手いと思う(笑)
だって、柊士、そこまで不動のこと嫌いじゃないんだもん。
むしろ、好きなんだもん(笑)
てのは、この後の柊士の行動見てても明らかで。
嬉しいことがあったからってフツー男1人でホストクラブに顔は出さないだろうし。
女遊びもろくにせずに不動と過ごすことが増えるなんてこともない。
うん、明らかだな。
何より声が違うさー!
スキャンダルの多い俳優ってことでチャラい雰囲気が普段はある(というか作ってる)んだけども、不動といる時はフツーの自分に戻ってるっていうか。
何だろ、変に「俺、売れてますけど」みたいなツンとした嫌味なタレントっぽいとこがないし。
何よりベッドだと「あら、鳥海さんたらv」みたいな感じで(爆笑)
最初は拒んで見せたりしても雰囲気に飲まれたりして?色っぽい声になるんだよなぁ。
神谷くんとはまた違うんだけども、鳥ちゃんも相当に色っぽいと思うわー。
うん。
そんな鳥ちゃんの今回のお相手べ様。
べ様、イイ声してますなー。
セクシー系?かな。
ちょっと色っぽいっていうか。
ホストって設定もあるから余計にそういう感じにしてるのかもしれないけども。
こんな超一流ホストなのに一体どんな高校生だったのかと逆に気になってしまったり…。
でも、この不動がいることで柊士は仕事の方でも奮起することが出来て、成功へと繋がってくんだよね。
柊士のことを甘やかすわけでもなく、上手く挑発して奮い立たせてやるって感じ。
あと、忘れちゃならない羽柴役の譲治さん。
あわや譲治さん×鳥ちゃんてシーンがあって「わきゃー!譲治さんがー!!」てなってたんですが、未遂で終わってしまいました…。
ちょっと残念(笑)
譲治さん自身もキャストコメントでなんか残念そうにしてたしね。
キャストコメントでは鳥ちゃん司会でみんな仲良く。
話がいろんな方向に行ってて面白かったですん。
べ様と2人でよくTV見かけるようなチャラいホストの真似してくれたり(べ様の役はホストだけどそういう類ではなく、落ち着いたイイ声で囁きそうな感じのとこだったので)
飛田さんだけは別録りでしたん。

じゃ!

>R子。
ええ、うっかりドツボです。
基本的に声だけじゃなくてマンガもアニメも小説もなんでもイケる人だったってのを思い出したよ!(笑)
スタンディングオーベイションはいいので、猛追して下され(笑)
待ってるよん♪
エスコート本編の方はアタシが貸すので、同人は貸して下さい。
よろしくー。

こやのじ。「じれったい口唇」

ちょりーッス。
サガンですん。

いろんなことを着実にこなしてってる気がしないでもない今日この頃。
原稿も今のところ順調。
1日1時間もやってませんが(爆)
目標を1日1MBに切り替え続行中。
もうしばらくはなんとかなるかな?
この先話をどうするか考えねば…(いろいろズレが生じてきてるらしい…)
原稿以外のそれなりに順調かな。
翌日のノルマ?的なことをとりあえず書きだしては実行してる日々です。
って、大したノルマじゃないんだけども。
原稿する、とか。
ゲームする、とか。
本読む、とか。
ばっかだし(爆)
とりあえず、本日、エスコートシリーズも3冊届いたので読み始めよう。
政宗の同時進行ですよ(笑)

そいでは、本日の一品。

2008年9月発売文庫じれったい口唇 2008年9月発売文庫じれったい口唇

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

(画像は小説のモノです)

「じれったい口唇」原作:遠野春日
萩雅之:野島健児 沢渡肇:子安武人
谷口聖:平川大輔

(あらすじ)
会社の将来を賭けた取り引きに赴いた、営業マンの雅之。
しかし、取り引きの全権を握る男として現れたのは、大学時代の恋人・肇だった…!!
社長令息にして新進気鋭の建築デザイナーである肇に、雅之は溶かされてしまいそうなほど強引にそして傲慢に迫られる。
忘れられない過去の別れ、さらには肇への捨てきれない熱い想いとプライドのはざまで雅之の心は激しく揺れて…!?

(感想)
とりあえず、じれったかったです(笑)
いや、だって。
結果から先に言えばずっと両想いなわけですから(爆)
それが、いろいろすれ違って、素直になれなくて。
で、こじれてるわけですよ。
事の発端は大学時代の別れに起因してたりするわけですが。
とにかく、沢渡が強引なんだわ。
でもって、傲慢。
再会してからの沢渡は自分の気持ちは言おうともしないのに、雅之には言わせよう言わせようとしてて。
「俺のこと好きなんだろ?」みたいな。
好きだと言わせるためにいろいろ画策して。
でも、雅之はそんなやり方が気に入らなくて。
そっちがその気なら、こっちだって屈しないぞ!みたいな強情なとこがあって。
それでも、雅之はずっと大学時代の想いを引き摺って生きてきてて。
自分が沢渡のことを好きなんだと再認識させられてばかり。
だから「もしかしたら…」「今度こそ…」みたいに沢渡に誘われるとホイホイついて行っちゃうんだな。
ところが、そこには沢渡が仕掛けた罠が待ってたりして。
1人で傷ついて堪えてって感じ?
最終的にはその罠の影響で、まあ迷子って展開なんだろうなって思ってたら崖(沢)から滑り落ちたのでそこまでやるか!と思ったりもしたんだが。
3メートルの川べりを登ってきた雅之に拍手(笑)
でも、この件でもう戻って来てからは沢渡は優しいし。
扱いが手荒だったり言葉が乱暴だったりもあるんだけども、やってることが優しかったり。
それまでの態度を思えば、随分、自分の気持ちを雅之に出してるなーって感じで。
それを雅之がちゃんとわかりさえすれば、ね、そらもうハッピーエンドでしょうが。
沢渡がそこまで雅之に強引に揺さぶりを掛けられたのは、口では拒絶してた雅之だけど目が違ったからだそうで。
目は口ほどに物を言うってことでしょうか?(え、違う?)
さて。
そんな傲慢男の子安さん。
超似合ってるんですけどー。
偉そう加減がなんとも。
偉そうな口ぶりで心配してるとことか、自分の思い通りにならなくて舌打ちしてるとことか。
ステキでした。
ええーと…声的には広瀬海くん(@ダグオン)くらいの声の太さてもっともっと傲慢にした感じ(どんな喩え…)
のじーは相変わらずステキです。
こういうなんだろ、ジメジメしてる役?似合うんだよなー。
表に最初っから感情をぶつけるタイプじゃなくて、自己完結的に負の方向へ思考して自滅しそうなタイプっていうか…(笑)
今回もちょっぴり泣きが聞けたぜ!!
で、キャストトーク。
のじー、子安さん、平川さんの3人で。
最初に喋りだしたのがのじーだったので、のじーが仕切ってくれんのかと思ったら案外子安さんが仕切ってた系(残念)
和気あいあいな感じのトーク。
胸がときめいた時の擬音は?って子安さんがふって。
平川さんが「キュンv」、のじーが「ドキュンv」、子安さんは「うっ」(笑)
平川さんものじーも可愛らしく言ってくれちゃったのに、子安さんだけなんか心痛みたいな音らしい。
吐きそうな感じだとか(爆)
でも、最近ときめきないねーみたいな話してて。
「僕は今でもドキュンvですよ」みたいなことをのじーが言ったら「健児ー」て子安さんに名前で呼ばれちゃってました。
楽しい現場っぽくて何よりだ(笑)

じゃ!

ドツボde小説。

ちょりース。
部屋を整理してたら比呂さんのサインが出てきましたよー。
サガンです(笑)
Weiβ時代のやつですん。
そういや姫路まで会いに行ったんだよなぁ…。

さて。
ここんところBL小説にちょっとずつハマってるかもしれませぬ。
うへえ。
またもドツボか!?

□エスコートシリーズ□
なんだかんだで全部集めることになりそうです(笑)
いろいろポチった結果、あと1冊で揃うですよ。
ぎゃは!
いや、まだ届いてないし読んでもないですが。
とりあえず「ディール」が早く読みたい!!
CDも買わなきゃですよ。
あと、同作家さんの別のCDも買わなきゃならないのがあったり(こっちも、鳥ちゃんなのらv)
今のとこ、やっぱ真城が好きかもしれぬー。

□清澗寺家シリーズ□
もうこれは和貴さんがとりあえず好きすぎるんですが。
ホント和貴さんLOVE-☆
冬貴はCD聞いたし、とりあえずもう1冊買わなきゃならないといけないんだよねー。
これには和貴さんの短編も入ってるし。
って、調べてたらこのシリーズの新刊がそのうち出るんだよね。
それがシリーズ6冊目で、今までの全CPを網羅した感じのお話になるらしいよ。
和貴さんもいっぱい出てるらしいし買わねばー。
しかも、それで終わりじゃないんだってさ。
第1部完結らしい。
って、第2部はどんなだー!
気になるねぇ。
そして、この作家さんのも別のシリーズでも気になってるものがあったり。

□サウダージ□
これも実はシリーズらしいよ。
異国人と日本人の恋愛の。
第1弾だったらしい。
シリーズ4作目が気になる感じだったので、探しに行きまする。
あと、今年、サウダージのスピンオフ話も出るとか。
わー、それ欲しい!
スピンオフであるとしたらゆっちー兄ちゃん(中の人で呼ばない!)か義理の弟の平川さんのお話だと思うんだけどね。
同作家さんのでもう1ついつか欲しいCDもあるしね。

…なんだかんだで、CDから入ったけど、気がつくと原作が気になったり、お話の雰囲気が好きだったりで。
気になる作家さんてのは出てくるものですね。
ふふふ。
わー、ドツボだわー。
でも、好きなもんは好きだからしょうがないっ!!(どっかで聞いたことのあるフレーズね/笑)
でも、一番好きなのはやっぱり和貴さん!!!!!

でもでも。
そんなんばっか読んでるわけでもないですよ。
ちゃんとフツーの歴史小説も読んでるだす。
左之さんのお話読んだんだけどね。
それが新撰組抜けてからの話でちょっとビミョーでした。
ただ。
先に「薄桜鬼」プレイしてたおかげが、全部セリフがゆっちーで聞こえたのは幸いでした(笑)
それだけは超楽しかった。
今は政宗読んでます。
全8巻の2巻目。
来月、いよいよ伊達主従の旅に行けそうなのでその前にお勉強だす(笑)
「戦国BASARA」プレイしてるせいか、結構名前聞いたことある人いっぱい出てきて楽しいよ。

そういや。
8月に「薄桜鬼」のファンディスクが出るのですーvv
今回のお話の行間的なお話らしいですん。
今度は絶対買ってやる!!
また、ゆっちーに会えるの超楽しみーvvvvv(だから、中の人で言わない)
今から楽しみで仕方ない。
公式サイトの絵からしても和やかで楽しげだし。
鳥ちゃんも待っててー。

じゃ!

☆HIROHUMI NOJIMA 36☆

ちょりーッス。
サガンだすん。

本日は野島裕史さんのお誕生日でございます。
オメデトーオメデトーオメデトー!!!!!
36才ですってね。
やっぱ裕史さんも好きですん。
そんなに数は聞いてないんだけどね。
「艶悪」「艶恋」「コイノイロ」「先輩の焦れったい秘密」「どうしても触れたくない」
持ってるのはこんなもんでしょうか。
あ、学ヘヴにも出てるっけ(爆)
裕史さんはやっぱ受が好きですん。
真面目っつーか頭のキれる感じのクールな美人さんも似合いますが、軽いノリの美人さんも似合いますな。
とりあえずイメージ的には美人さん(笑)
なんかそんな感じなのだ。
どれも結構好きですな。
「先輩の~」だけがちょっと雰囲気違うかな?
いや、ほら、ナルちゃんなんで(笑)
ほかのはどこかしらアタシの好きな「切ない」要素を含んでたりしますが。
この先もボチボチではあるだろうが裕史さんモノ集めたいと思いまーす。
(1つみっくんとのやつで欲しいのあるし。しかも、鳥ちゃんも出てるし!笑)

そんなわけで今週は裕史さんのプチフェアだ☆
「コイノイロ」(理想の恋人)は聞いたので「艶悪」と「艶恋」を聞こうと思います。
一番最初に裕史さんに惚れたやつだからねー。

そういや。
この間、「略奪者」との対比?で「サウダージ」を上げましたが。
マフィアのボスって書いたけど、サウダージの方は次期ボスで今はアンダーボスでした。
聞いてみたらやっぱり切なくてステキでした。
鳥ちゃんは何であんな色っぽいのかなぁ…。
うへえ。
普通のシーンでは普通に強い?男の人なのになぁ。
やっぱ鳥ちゃんはスゴイと改めて惚れ直してみたり(笑)
ハマケンさんにも大分慣れたぜ。

よし、とりあえず今日はケーキでも買ってきて裕史さんのお祝いだー!

じゃ!

>R子。
ロッセリーニ長男編、ツッコミ入れたいとこがあるのでまた今度会った時にネタバレトークしよう(笑)
…逆じゃじゃ馬ならし!!!!!(大爆笑)
確かに。
確かにね。
案外、上手く飼い慣らしてたもんね。
後半に行くにつれてあのレオが可愛く見えてきましたから!
なんか言ってても駄々こねてるようにしか聞こえなかったから!!(爆笑)
また今度聞いてみよう。
そして、Dに慣れるんだ!(笑←最早、誰なんだが…)
いや、強い受は好きなんだよぅ。
好きなんだけども…まぁ情が湧いちゃってるから仕方ないっちゃー仕方ないんだけども、思ったよりも可愛かったんだ!
もうちょっとなんか違うと思ったのに可愛かったんだ!
きっとそれが引っ掛かってるんだわー。
でも、きっとアタシのGの受には敵わないね☆(何様)

…強い受が好きなら、今度、鳥ちゃん貸そうか?
「サウダージ」もそうだし「ボーダーライン」もきっと強い受の部類に入るんじゃないかな?

naraku102

もりおの。「ロッセリーニ家の息子 略奪者」

ちょりーッス。
サガンです。

今日は「シンケンジャー」の敵役の声で竜三が出てました。
声聞いてわかったよ。
兄貴ほど元気じゃないけど、ああいう感じのべらんめぇみたいなの。
竜三、お仕事あってよかったね!
って、今期はBASARAがあるか。

そんなこんなで本日の1品。
R子さんの購入物。

【送料無料選択可】ドラマCD (小野大輔、森川智之、中村悠一、他)/ルボー・サウンドコレクション ドラマCD ロッセリーニ家の息子 略奪者 【送料無料選択可】ドラマCD (小野大輔、森川智之、中村悠一、他)/ルボー・サウンドコレクション ドラマCD ロッセリーニ家の息子 略奪者
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する
「ロッセリーニ家の息子 略奪者」原作:岩本薫
早瀬瑛:小野大輔 レオナルド・ロッセリーニ:森川智之
エドゥアール・ロッセリーニ:中村悠一 ルカ・エルネスト・ロッセリーニ:鈴木千尋

(あらすじ)
名のある任侠組織・早瀬組の3代目・早瀬瑛は自分が組長を務めることに疑問を感じ、組を捨て、普通のサラリーマンとして暮らしていた。
そんなある日、昔、組に仕えていた者が現れ、瑛と養子縁組をしたいと申し出て。
実際には囲われ者になるというその話に瑛は拒絶を示すが、会社の同僚にまで危害は及び、瑛は仕方なく受け入れることにする。
その縁組の日、瑛は裏庭で出会った男・レオナルドにイタリアまで強引に攫われて…。

(感想)
ロッセリーニ家第1弾。
あえて、逆から順に行ってみました(笑)
いや、アタシはのじーのためにエドゥー編を買ったのみなので全てはR子のおかげです(笑)
R子、謝々!!
さて、そんなわけで長男レオの話でございます。
って言っても主人公はレオではなく、レオの相手となる瑛なのですが。
小野Dは爽やか青年でございました。
うん、爽やか。
今まで聞いた中で一番「青年」ぽいっていうか…。
いや、ただ単に今まで聞いた小野Dがどっちかっつーと暴れん坊(笑)なイメージの子とか堅物とかどっかフツーと違う感じの子だったからかもしれませんが。
この前聞いた「守護者」で初めてこのシリーズの小野D聞いたけど、ちょっとびっくりしたから。
そんな瑛ですが、まさかの29才!
レオより1つ年上であることに超ドびっくりですよ!!!!
いや、確かに日本人は外国人に比べたら童顔に見えて当然だし。
加えて、体格とかもどっちかっつーとガッチリさんじゃないし。
レオはレオでもうロッセリーニグループを束ねる長たる人だから風格とか威厳みたいなのとかあるし。
おまけにぶーちゃんだし。
ってことで、てっきりレオの方が年上だと思ってたんだよねー(あのイラストでも瑛が年上には見えなかったし)
ほら、ルカが20才だったからそれよりちょっとばかし上なくらいかと…。
何気にロッセリーニ家のみなさんより年上なことにドびっくりしてしまいましたわ。
レオはもう常にね、常にどっしりと落ち着き払った声で。
やってることの強引さにはびっくりするけど、まぁ、ああすることで瑛は危機を乗り切ったわけだし。
それからの生活は穏やかだったし。
でもでも。
そこまでの展開が強引だったからかなぁ。
実はかなりの間、物語に入り込めなかったというか…。
なかなか感情移入?みたいなことが出来なくて。
イタリアでの平和な生活は「なんだかな~」みたいな感じで聞いてました(爆)
エドゥーがある秘密をバラしてからはかなり入り込めたんだけどね。
あそこで一気に切ないポイント来たので。
瑛もレオもお互いに気持ちがすれ違っちゃって。
理解し合おうと出来なくて。
ああ、ようやく切なくなってきたわ!!みたいな(爆)
切なくなってからはもう楽しい展開でしたが。
ただ…、なんか…小野Dの受は慣れないです………(苦笑)
普段の会話してる分にはいいんだけどね。
どんなに甘い会話だろうが。
でも、なんか、ね。
慣れの問題なのかもしれないけども。

そんなこんなでロッセリーニ3兄弟終了。
うーん…お話的には案外ベタだけど「守護者」が好きかもしれん…。
いや、もち「捕獲者」もステキだったんだが。
やっぱ泣いてるのじーはステキだしv(そこ!?)
というよりもこのシリーズはやっぱ和輝が一番好きってとこに落ち着くのかもなぁ…(爆死)

・・・「略奪者」聞いてたら「サウダージ」が聞きたくなってきました。
国は違うけど、同じマフィアのトップに立つ者との恋。
イタリア・シチリアマフィアとアルゼンチン・ブエノスアイレスのマフィア。
お相手は任侠3代目に、日本警察。
なりゆきとか経緯とか全然違うけど、2つともトップに立つ者の孤独を知ってしまった人たちのお話。
うーん、どこか切なさが漂うね!(笑)
やっぱ切ないのがいいんだって。

じゃ!

>R子。
いいえいいえ。
東京で買ったのは3男。
ちゃんとメールも残ってるから(笑)
その時の狙いはたぶん、ゆっちーだから(爆笑)
ぶーちゃん狙いで買ったのはこの間一緒した日本橋じゃん!!
アタシ覚えてるからー。

…東堂のフリはどこかで処理されてるんでしょうか。
ホントそれが一番気になる。
ロッセリーニ家とかどうでもいい(笑)
つーか、フツーに好きなキャラ、みんなロッセリーニ家じゃないし!
小説買ったら貸して下さい(笑)
あ、あれも1段書きだったわよ。

切ない基準は人によって違うかもしれませんが。
アタシはああいうのは切ないんじゃないかと。
基本的に片想いで気持ちを伝えるまでの段階ってのはそれなりにどれも切ないのではないかと。

んで。
そろそろ週末どうですか?(笑)

ゆさすず。「ロッセリーニ家の息子 守護者」

ちょりーッス。
サガンです。

すっかり春になりましたねー。
そろそろまた歩きに出ないと…。
ちなみに今日は歩いてません(爆)

それでは本日の一品。
R子さんが東京で買っちゃったモノ(笑)

【送料無料選択可】ドラマCD (鈴木千尋、遊佐浩二、鳥海浩輔、他)/ルボー・サウンドコレクション ドラマCD ロッセリーニ家の息子 守護者 【送料無料選択可】ドラマCD (鈴木千尋、遊佐浩二、鳥海浩輔、他)/ルボー・サウンドコレクション ドラマCD ロッセリーニ家の息子 守護者
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する
「ロッセリーニ家の息子 守護者」原作:岩本薫
ルカ・エルネスト・ロッセリーニ:鈴木千尋 マクシミリアン・コンティ:遊佐浩二
東堂和輝:鳥海浩輔 早瀬瑛:小野大輔
レオナルド・ロッセリーニ:森川智之 エドゥアール・ロッセリーニ:中村悠一

(あらすじ)
ロッセリーニ家の3男・ルカは小さい頃からの憧れであった日本留学を強く希望する。
兄たちの反対にあいながらも、ある条件を元にそれは許されることとなった。
その条件とは護衛役としてマクシミリアンを同行させること。
マクシミリアンには子供の頃いろいろと世話をしてもらっていた間柄だが、マクシミリアンが父親について家を出てからは会う機会も少なく、次第に2人は遠ざかっていた…。

(感想)
ロッセリーニ家の第2弾ですね。
3男のルカ坊ちゃんのお話。
ルカのママ・ミカが日本人てことで日本に憧れてて。
今回のお話の舞台は日本となります。
っていうかー。
冒頭の方を聞いただけで、ルカとマクシミリアンの基本的な流れ?はこう転がっていくんだろうなーっていうか、そういう心情だったんだろうなーってのがベタな感じでそれなりに読めるのね。
ほんの大筋だけのことだが。
それでもそうなって行くだろうなーってのはわかってても面白いと思ったさー。
つーか、その心情が切ないもんだってわかるからかな?
そう、今回もやっぱり切ないのだ!!
やっぱ「切ない」はいいよー(笑)
後半はルカが切ないし、マクシミリアンは基本的に感情出さないようにしてるけどもいろいろと逆にこっちが想像しちゃうと切なかったり…。
ルカは元気というか無邪気というかわりと真っ直ぐに育った感じがします。
特殊な家庭環境だから友達が出来なかったりとかいろいろ悩みはあったんだろうけども、そのわりにはひねてないんだよな。
ちーちゃんの声もこれくらいの少年?ボイスは聞きやすくていいなって思ったよ。
マクシミリアンは逆に?抑えて抑えての常に固い感じで。
マクシミリアン自身敢えてそういうふうにルカと接しようととしてる部分があるから普通以上に声とかが業務的になっちゃうっていうか。
機械的な感じがしました。
そんなゆっちー、初めてルカと出会う15才ボイスもやってましたが(レオとエドゥーもいたが、こっちは別キャストが子供ボイスしてた)既に落ち着いた感が(笑)
いや、でも、いろいろ自覚前なのでまだまだ感情はあるんだけどね。
そんな2人が日本に来て一緒に暮らすんだけども。
軽快な包丁さばきから、マクシミリアンがスーツの上にフリフリエプロンを付けて、テキパキ料理してる姿を想像してしまい苦笑…(お前)
しかも、声はゆっちー☆
並ぶ料理は栄養バランスを考えられたイタリア料理。
って、ルカが羨ましい!!
ええ、ホント、ルカが羨ましいですよ。
マクシミリアンに守られて。
更には、ご学友になりました和輝にも超世話焼いてもらってるしー。
もうこの和輝が好きでしゃーないです。
鳥ちゃん最高ですvv
登場時から何やら含みがあるのかと思いきや、最後までイイ人だったことにびっくりでした。
てっきりルカのこと気に入ってるのかと思ったのに…。
そうじゃなかったら、組に乗り込んだ時に相手方に想い人でもいるのかと思ったのに…(爆笑)
そういうのではなかったみたいです。
つーか、そうなると和輝の恋が超気になるんですけどー。
ルカは結構大変な目に遭ったりとかもするんだけど、マクシミリアンが助けにきてくれたし(あの時のゆっちーかっこいーですんvv)
その後、いろいろお世話してもらったりとかもあって。
切なさ満載になったところで、和輝の助けを借りて、ハッピーエンドへ向かってくんだな。
うん、やっぱ和輝イイ奴。
…ゆっちーかっこいーのに、どうしてもこのCDの感想というと鳥ちゃんが気になってしゃーないってことになってしまうですよ(爆)
いや、だって。
超気になる役なんだってば!!

そう思ったので。
この間、古本屋に行った時にちょうど「守護者」あったのでパラパラと見てみたのね。
まず後書きのとこに和輝のことに触れてないかと思ったけど触れてなくて。
だったら、本編の後にオマケみたく短編でも入ってるかなと思ったけどなくて。
だったら、CDでは端折られたけど例の切ない恋のシーンを読めば何かわかるかと思ったけど、CDと同じような表記しかなくて。
それだけしか見てないけども。
和輝の切ない恋の謎は解けませんでした。
あぐー。
「東堂家の息子」とか出ないかなー(笑)
…切ない相手ってまさか叔父さんとかじゃないよねぇ…。

じゃ!

福知山城に行ってきたぞーい。

ちょりーッス。
サガンだす。

Hukutiyamajo 090409_122701

今日は家族で城行ってきたぞー。
自分で行くにはちょっと遠い福知山。
車で2時間くらいでしたー。
城自体はどちらかと言えば小さいけど桜が超キレイでした。
いやー、いい時期でした。
4階建くらいで復元天守閣なんだけど、天守はとりあえず上がれるけど外出れなくて。
資料館的なところは1,2階の2フロアだけなんだけども。
後々この城に入った朽木さんの鎧がありましたん。
ちなみにこの城作ったのは我らが明智光秀さまなんですが!
で、ちょうど特別展やってまして。
徳川家康くん、豊臣秀吉くん、織田信長くん、毛利輝元くん、明智光秀くんの直筆文書が集められておりまして。
大阪城とかいろんなとこから借りてきた原本を見れた。
ラッキー!
小さいお城だけど結構楽しかったス。

道すがら延々ヲタソンをカーステで流しておりました。
行きはずっとみっくんソングで帰りはずっと電王ソングでした。
ゆっちーの歌があって、1人でうきゃうきゃしてました(笑)
…最近、どうもやっぱりゆっちー好きらしいよ?
昔の曲とか聞くと当時のこととかいろいろ思い出しちゃったりしてね。
ふふふ。
懐かすぃー♪

そうだ。
家に帰ったら郵便物が届いておったのだよ。
一昨日にポチって昨日発送したって言ってたから「超早ぇ!」と思ったんだが(大阪からだったからそれもアリかと思ったの)
手に取ってみたらば違ってて。
それよりも以前に。
某好きな方んとこで無料配布した本てのがあって。
それをメールくれたら発送するよー?みたいな募集があって。
送料もなんもなしの本気の無料なのね。
それが届いてて。
わーわーわー。
無料でこんなんもらっちゃっていいんですかぁ?みたいなー。
超幸せ気分になれました。

そういや。
福知山へ行く道すがら福知山のブックオフに出くわしたのですが。
欲しい本があったのですが。
さすがに両親と一緒にいて寄ってくれとは言えずスルーしてしまいました。
これで売ってたら残念ポイントだよねーみたいな。
でも、寄ってくれとは言えないべ。
だって欲しいのBLだもーん(爆)
また1人でゆっくり本は探しに行くべ。

じゃ!

>R子。
日課のようにレビューをあげております(笑)
ほら、これくらいしかすることないから(溺死)

…そうか、アタシ、ひねてるのか…。
いや、確かに本気の本気の部分で自分見せるのは嫌いなんだが(笑)
表面的なとこは相手によるけど素直に出せる部分もあるんだけども。

いしのじ。もりのじ(兄)。「どうしても触れたくない」

ちょりーッス。
サガンだすん。

今日は銀行に通帳記入に行ってきました。
大口の出費があったのでね。
って、記帳してみたら思ってたよりも減ってたヤバス!!
カードで翌月とかその次とかに引き落としだからうっかりすると大変なことになるんだねーってちょっと学習。
まぁ、基本的に毎月の出費は同じくらいだからペース配分は間違ってないはず(なんのペース配分…)
ただ収入が滞ってるだけだよ…(死)

というわけで本日の一品。
カウントダウンが近付いてたこともあって聞く順番とかいろいろ考えて。
アタシが100作目として聞きたいと思った作品。
切なくて好きー。
そして、のじーvv

3月新譜☆【コミコミ特典付】●どうしても触れたくない● 3月新譜☆【コミコミ特典付】●どうしても触れたくない●

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「どうしても触れたくない」原作:ヨネダコウ
嶋俊亜紀:野島健児 外川洋介:石川英郎
小野田:森川智之 出口:野島裕史

『どうしても触れたくない』(外川×嶋編)
(あらすじ)
嶋は新しい職場で外川と出会う。
次第に嶋は外川に惹かれ始めるが、前の職場での件もあってノンケにはこりごりだと自分に言い聞かせる。
一方で外川は最初は面白半分で、しかし次第に嶋に惹かれていく。
なかなか言葉にならない2人の想いは…。
(感想)
記念すべきアタシの100作目!!(笑)
元々、某所でコミックのレビュー見ていいなぁと思って。
たしか去年の「このBLがすごい!」だかなんだかいうやつにランクインしてたやつだったと思うんだけども。
コミック読んで、アタシの大好きな切ない系で。
それのCD化が決まり、しかもキャストがのじーと来たら買うしかない!!
しかも、そのキャスト知った時のアタシの最初の感想は「それって、のじーいっぱい泣くってことよね?」(爆)
…すいません、のじーの泣きがやっぱりなんかホント好きなんです。
で、今回のCD。
予想に反せずのじーはいっぱい泣いてくれました。
うんうん。
切ない役ですからねぇ。
そら泣くわな。
好きなんだけど、前の恋愛に傷ついて怖がって。
外川の過去を知って、その願い?にはそぐわない自分に引け目みたいなのを感じて。
どうせ相手はノンケだからと関係が壊れることばかりに囚われて。
臆病になって卑屈になって。
とにかくまっすぐに切ないです(どんな表現…)
口に出す言葉はどっちかって言えば、冷たいというかそっけない言葉で。
でも、気持ちはどんどん傾いていて。
傾くからこそ、その外川が望む未来?を自分が与えられないことでまた苦しんで。
外川が家族の話をした時に切なくなってる嶋がすごく好きだわ。
切なさ満開です☆
対する外川は徐々に気持ちが育ってきて。
元々ノンケだからね。
情が湧いて、興味が湧いて、やがてそれが恋愛感情へと育って。
嶋を大切にしたい気持ちが痛いほど伝わってきます。
この人も言ってることとやってることが伴ってなかったりするんだけども。
言葉に出来ない分、態度で示してるって感じかな?
英ちゃんのBLって超久しぶりだと思うんだけども。
この役はわりと合ってた気がする。
どんなふうになるのかなーと思ってたけども。
外川のボケ?に電光石火の嶋のツッコミ。
絶妙のタイミングでした。
「なんか変なコトしたくなるよ、お前…」
これは外川の言葉ですが、その気持ちよくわかります(爆笑)
ホント嶋が可愛いんだよ。
いじらしいんだよ。
最後の電話のシーンがやっぱスゴク好きだなぁ。
コミックも読んでるしどういう展開になるかはわかってるんだけども。
それでも、外川の取った態度にどうしても切なくなってしまったり。
その後の「がんばってみてもいいですか?」も好き。
後はやっぱり外川の告白シーンでの嶋の答え?的な気になって仕方ないことを告げるシーンが切なくて好き。
そんな切ないお話の中に脇役の小野田として登場するぶーちゃん。
ぶーちゃんなのにメインじゃない!!
それに慣れるのに少しかかりました(笑)
ま、役的にもかっこいー役でもなく3枚目みたいなどこか飄々とした感じの人なんですけどね。
でも、やっぱぶーちゃんイイ味だしてますよ!

『after 9 hours』(小野田×出口編)
(あらすじ)
小野田のケータイに出口からのメールが届く。
出口は嶋が前にいた会社の社員で、小野田と仕事で知り合って3年になる。
時々、一緒にごはんを食べたりする仲の2人だが…。
(感想)
これかー!
謎は全て解けた!!
ってのが、一番最初に聞いた時の感想ね(笑)
いや、まず本編で出番が大いにしてもぶーちゃんを脇役に使う意味が今イチ見えなかったんだけども、これだったんだ、と。
それでもって、出口。
コミックには出てこないんだよね。
キャストが裕史さんてわかった時点でいろいろ調べたんだけども、わかんなくて。
続編でも出てるのかと改めて調べてみたら、同人の方でスピンオフでこの2人のお話が出てたんですね。
これもまた切なくて!
いや、本編とはまるでノリの違う切なさですけども。
本編のような淡々と静かに切ない感じの嶋とは違うので。
このお話で切ない担当は出口。
実はずっと小野田のことが好きだったっていう。
けど、相手はノンケだしと思って密かに思うだけに留めて、表面上は明るい陽気な人物を装ってて。
なんだろ、出口って人の方がひねくれてんだよね。
強がってる?っていうか。
小野田に対して一切恋愛感情みたいなの見せないし。
けれど、小野田のある話をきっかけに一大決心して。
それでも、そう簡単に行くわけでもないし。
「出口さんとなんてありえません」
冗談を装ってみても言われた言葉に傷つかないわけでもなく。
ああ、切ないじゃねーかっ!!
結局、出口も泣いてるし!
わー、裕史さんも泣いたー。
ちょっとびっくりしました。
いや、のじーとは全然泣き方違うんだけどね。
そら、表面上は強がってる分、玉砕なんてことになるともう1人になったら泣けてきちゃうのはわかるけどね。
しかーし。
それで終わらないんだな。
小野田の気持ちがな。
はっきりとはしないけど、未来がある感じで。
なんだかんだありつつ、無事、出口は幸せになれそうです。
裕史さんは明るいノリのいいお友達って感じの声で良かったです。
1人で告白の練習とかしてんのもクルクル雰囲気が変わって面白かった。
あー、やっぱこの同人探そうかなぁ…。

あとは。
やっぱ野島兄弟は受でしょう!!
ってことで(笑)
あ。
結局、のじー、裕史さん、英ちゃんの3人が泣いたわけですが。
やっぱのじーの泣きが好みらすぃ。
CDのはあと短いお話が3つ入ってました。
コミックになってた分全部とスピンオフの同人分全部って感じ。

はい。
というわけで。
最近気付いたんですが、アタシ、ひねくれてる子が好きなのって結局は切ないからなのかも。
ほら、ひねくれてるってことはとりあえず表面上に出てる気持ちとかとホントの気持ちってのは違うってことで。
相手には見えないとこで想ってるわけだからどう考えたって切なくなるってゆー。
ま、どこまで切なくなるかはそれぞれなんだが。
でも、やっぱりまっすぐ気持ちをぶつけるタイプよりもそういうひねくれてる子の方が断然好きです。
いえー。

じゃ!

こにおき。「情熱の結晶」

ちょりーッス。
サガンだよぅ。

すっかり春になったねぇ。
ぽかぽか陽気だねぇ。
出歩かないとね!
本屋に行くぞ、オー!

じゃ、本日の一品。

【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱の結晶 ひそやかな情熱4 【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱の結晶 ひそやかな情熱4
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する
「情熱の結晶 ひそやかな情熱4」原作:遠野春日
久保佳人:置鮎龍太郎 黒澤遥:小西克幸
東原辰雄:小杉十郎太 執行貴史:野島裕史

(あらすじ)
週末に2人で旅行に出かけた佳人と遥。
その旅行先で遥は子供を助け怪我を負う。
頭を打った遥はここ2、3年の記憶を喪失し…。

(感想)
情熱シリーズ第4弾。
シリーズ最終回になります。
今回は記憶喪失のお話なので今までより切ない感じになっております。
今まではどっちかっつーと遥がじれったいっていうかそんな感じで。
自分のことをまるで全く覚えていない遥に自分たちのことを話すかどうしようか迷ったり。
ちょっといろいろ歯痒かったりもしますが。
話そうって思ったり、いや、でも…って思ったり。
そんな時に遥の元カノが現れて甲斐甲斐しく遥の世話を妬き始めて。
遥と佳人は社長と秘書でしかなくなってしまって。
遥のそっけない言葉が佳人的には切なく映ったり。
ちょっとキュンてなる(笑)
最終的にはあるきっかけで記憶は戻りますが。
よかったよかった。
ちょっとずつだけど記憶喪失もあったせいか遥も自分の気持ちを言葉で表すようになってきたし。
おっきーは全編通して遥さん命って感じでステキでしたわー。
でも、アタシは貴史の方が好きvv
今回もいろいろアドバイスしたりといっぱい出ててよかった。
そうそう。
BLCDって基本的にキャスト少ないじゃん?
そのせいでいろいろモブ的な役を兼ねてたりするんだけども。
前に聞いた時はもしかしたら気付いてなかったかもしれないところに声ヲタ本領発揮です(笑)
ゆっちーがまず遥の知り合いの社長役っていう本役で出てくるんだけど、それと別に遥の経営する系列の金融会社の課長だかなんだかの中間職で登場してました。
しかも、そんなにめちゃめちゃ声変わってない(笑)
いや、社長の方は軽いちょっとチャラい感じだい、課長はもう少し年長者な感じはしたけども。
で、裕史さん。
この人は言わずとしれた貴史なんだが。
この人はガラッと雰囲気を変えまして。
その金融会社に来た強盗犯やってました(笑)
あれ、絶対、裕史さんだと思う。
あはははー。
そして。
実は実は。
一番キュンとなったというかテンソン上がったのがブックレットについてるショートストーリーでした。
今回はCDの方には貴史の番外編はなかったのでキュンが少ないままかなーと思ったんだが。
ブックレットの方も当然、メインの2人のお話なんだが。
そこに登場してたのが宗親さん(@みっくん)と織さん(@宮田くん)で!
わー!!
この2人は番外編の「艶悪」に登場してたのですねー。
アタシ、宗親さん大好きでさー。
この2人もおさまるとこにおさまってるんだなーって思うと嬉しかったり。
読んでても全部音声変換されちゃうからね。
いやー、これはなんだか嬉しかったですね(メインそっちのけでごめん)

じゃ!

>R子。
ちっす。
お疲れっしたー。
花見した気がするよ。
君は花より団子だったけども(笑)

…CDよりも同人仕様の方がどうかと思うよ。
ほらCDはとりあえずまだ商業だから!(爆笑)
っていうか、かーさーばーるー。
どこに入れよっかなー。
って、ユーも十分堕ちてきてるさー。
ま、BLって言っても君の場合コルセーア関係が多いんでしょうが。
君もどんどん壁を越えていけ!!!!!

naraku101

お花見。+こにおき。こすのじ(兄)。「情熱の飛沫」

ちょりーッス。
目です。
実はサガンて↑こんな字です(笑)
わかりづらいけど響きが好きなので使ってます。
昔読んだ小説に出てきた人の名前だったりします。
もちろん、BLですが何か?

さて。
本日はお花見に出かけてきました。
ナラ友のみなさまお疲れ様でしたー。
ナラクツアーではなく健全に行動したのは超久しぶりな気がします(笑)
いや、会話はいろいろナラクだだ漏れだったのですが。
基本的に花見してようがカフェにいようが居酒屋?にいようが会話からはナラクな響きしか聞き取れません(爆)
主にBL話だった気がしますが…。
随分とBLCD的な話ができるようになってきたので愉快です。
いろいろいろいろ日々勉強ですね(笑)
お2人にはいろいろ知っていただきたいな、と。

さて、本日の1品。
サクッと。

【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱の飛沫 ひそやかな情熱3 【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱の飛沫 ひそやかな情熱3
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する
「情熱の飛沫 ひそやかな情熱3」原作:遠野春日
久保佳人:置鮎龍太郎 黒澤遥:小西克幸
東原辰雄:小杉十郎太 執行貴史:野島裕史

『情熱の飛沫』(遥×佳人編)
(あらすじ)
遙を迎えに行った空港で佳人は高校時代の同級生と再会する。
麻薬取締官になっていたその人物と今度は組関係者とのクルージングで再び遭遇し…。
(感想)
情熱シリーズ第3弾。
今回は佳人が昔の知り合いの行動にハラハラして、遙がそれをさりげなく?サポートみたいな話。
だいぶ遙と佳人の関係は進展してるのかな。
あいかわらず優しい言葉の1つもかけられないような遙ではあるけれども。
行動では言葉以上に態度で示してる気がするし。
佳人はそんな遙をわかった上で付き合って行こうと思ってるんだろうな。
もう、ちょいちょいイチャこいてたりしますよ(笑)
遥が言わない分、佳人の方が求めることもありますが、それなりに遥もちゃんと求めてたりもするかな。

『口直し』(東原×貴史編)
(あらすじ)
遥の元を訪れた後、不意に貴史の家を訪れる東原。
(感想)
本編の途中の行間的お話。
たったの4分弱。
アタシはこれが聞きたくてこのCD買ったんだよ!!
だって、貴史大好きなんだもーん(相も変わらず…)
佳人にマズイお茶を出されたから口直しのお茶をくれというような口実で東原が現れるんだな。
今までいつも指定のホテルで会ってただけだから貴史はドキマギで。
それでもちょっと嬉しい感じとか。
なんか勝手にいろいろ考えてしまう感じの貴史がちょっと切なかったり。
ホントはそこまで考えて東原が訪れたわけではないんじゃないかと思ってみたりとか。
でも、ま、これで東原も貴史が好きですからねぇ。
短いので、ええーっ、ここで終わる!?って感じがしないでもないが、こんなこともあるよね(笑)

さあ、あと1枚でこのシリーズも完結!
本日は完結盤を聞こうかと思ったんだけども、帰ったらのじーが届いてたのでのじーを聞くことにします(笑)
ラスト1枚は明日だな、たぶん。

じゃ!

こにおき。こすのじ(兄)。「情熱のゆくえ」

ちょりーッス。
雨ですね、サガンです。

明日は晴れるでしょうか?
お花見の予定なんですが…。
珍しくナラクツアーではないんですが(爆笑)
いや、いろいろブツブツ交換なんで鞄の中はめいっぱいナラクっぽいんですが(溺死)

さて、本日の一品。

【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱のゆくえ ひそやかな情熱2 【送料無料選択可】ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)/Dramatic CD Collection 情熱のゆくえ ひそやかな情熱2
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する
「情熱のゆくえ ひそやかな情熱2」原作:遠野春日
久保佳人:置鮎龍太郎 黒澤遥:小西克幸
東原辰雄:小杉十郎太 執行貴史:野島裕史

『情熱のゆくえ』(遥×佳人編)
(あらすじ)
遥の秘書として共に歩み始めた佳人。
互いを想い合っているようでいて、その距離はまだ縮まりきってはいない。
そんな中、遥が仕事先の離島で拉致される事件が起きて…。
(感想)
情熱シリーズ第2弾です。
好き同士なのになかなかはっきりしない2人がちゃんと想いを口に出して告げるお話。
遥さんは基本的にそういったことをまったくと言っていいほど口にしない人で。
それを佳人も理解しつつあるので、それはそれで自分は思い続けていればいいかなーみたいなところもあって。
それが、逆恨みで拉致されることになって、遥は自分の気持ちと向き合う時間ができて。
自分の身よりも佳人の身を案じるくらいに自分が佳人を好きになっていることに気付いて。
そんなわけで離れている間の佳人は不安いっぱい。
ただ遥さんを助けたい一心で無茶もしようとしたりするのですが。
その手助けをしてくれたのが東原の愛人の貴史。
東原と貴史の関係はビミョーで。
そんな貴史が切なくて大好きです。
遥と佳人は再会してからは何度となくイチャラブ(笑)
貴史が気を利かせてくれるもんだからホントねぇ…。

『一途な夜』(東原×貴史編)
(あらすじ)
東原の代わりに佳人の手助けをした貴史。
その褒美としていつものホテルに呼び出され…。
(感想)
…正直、これが聞きたくてこのCD買ったんだよね。
先に番外編聞いてたし。
この2人の話が好きで。
っつーか、貴史がすきなんだよねー。
この人もホントいろいろ切ない人で(笑)
本編の事後のお話。
本編で述べられてたのは、貴史は東原との関係に本気で。
けれど東原の気持ちが見えなくて報われない関係にそろそろ踏ん切りをつけた方がいいかも…と思いながらも会いに行ってしまう自分、みたいな感じで。
2人の馴れ初めのシーンがあったり。
そして、貴史がちょっとは東原のことを信じてみようって思える部分があったり。
関係を持って2年の2人。
明るい未来をまだ信じようとしてた頃の貴史のお話でうs。
先に番外を聞いてる身としては、今後またこの2人にはいろいろ暗雲立ち込めたり紆余曲折があって。
それを思うとこの幸せを信じていた貴史がまた切なくなったり…。
やっぱどう考えても貴史が好きです(もういい?)

じゃ!

こにおき。「ひそやかな情熱」

ちょりーッス。
サガンです。

そういや。
先月の決算報告してなかったなーって思い出したので一応発表しときます。
ゲーム1本
本(小説・コミック)11冊
BLCD7枚
あと、コミックとかゲームの付録CDみたいなのが2枚数
という結果になりました。
…CDはともかく、なんだかんだで本を結構買ってることに毎月気付いてる気がするんですが(苦笑)
どうりで本棚に入り切らないわけだ!
今月は買いすぎないようになんとかできるといいねー。

じゃ、本日の一品。

【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection ひそやかな情熱 / ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他) 【送料無料選択可!】Dramatic CD Collection ひそやかな情熱 / ドラマCD (置鮎龍太郎、小西克幸、小杉十郎太、他)

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

「ひそやかな情熱」原作:遠野春日
久保佳人:置鮎龍太郎 黒澤遥:小西克幸
東原辰雄:小杉十郎太 山岡:遊佐浩二

(あらすじ)
佳人は親の借金のカタとしてある組の親分の元で囲われて生活していた。
ある日、佳人は同じようにカタに奪られてきた少女をこっそりと逃がしてしまう。
当然のように罰を受ける佳人。
門前に放りだそうかというところで偶然居合わせた遥に拾われる。

(感想)
ええと…「艶悪」「艶恋」の本編の方ですね。
親が苦しむ姿を見るよりも自分が組に行った方がいいと思って身を差し出した佳人さん。
その関係は長く続いていたけれど、自分のような人を出したくない一心で庇い、自分の身を犠牲にすることに。
決して媚びることなく、そんな状況下でもどこか負けん気のようなものを持つ姿を組長は気に入っていたのだろうし、また遥も気に入ったのかもしれない。
特別、肉体関係が結びたいからという感じで佳人を貰い受けたわけでもなく。
ただ、そばに置いて自分の思うように扱う遥。
そのうちに仕事に就かせてもらえたり自動車を買ってもらったりと、優しいやり方ではなかったけれど優しい遥に佳人はいつしか惹かれるようになっていって。
それでも、自分は遥の所有物でしかないから、そういった想いを口にしようとは思わないし、ただ従うだけ。
遥が奉仕を求めればそうすることだって厭わない。
遥は実に不器用というかぶっきらぼうというか…。
とにかく、自分の感情表現が下手な人だと思う。
佳人が会社で怪我したからって会社を辞めさせたり、佳人と遥の仲を勘繰った秘書にナイフを突きつけられた佳人を庇って傷を負ったり。
そんなことは出来るのに、そんな時でも優しい言葉がかけられない。
怒ってるような口調になってしまう。
最後までいっても「好き」とか口にしないし。
ただ、ずっと「お前は俺のものだ」
それを最初から最後まで繰り返してました。
うーん、この人、ちょっと扱いづらいね(笑)
それでも、佳人はそんな遥を少しでも理解できたらいいなと思ってるし、理解していきたいと思ってる。
少し進展した関係が今後もっと深く結ばれるといいですね、みたいな。

…今回はサラリと短めの感想で。
今までの感想があらすじなんだかなんだかわからない感じの長いのが多かったのでちょっと改良してみようかと…。
というか、これは番外の方が好きだからそれほど思い入れがないから短くなってしまうのかもしれないが(爆)
ひとまず本日はこんな感じで。

じゃ!

>R子。
…ありがとうございます。
次は108ですか?
えーと…それ、来月かその次の月には確実来るよね。
無駄にいろんなの聞かないようにしようかな。
レビュー中心にして(笑)
たぶん、今月中に迎えることはない…ハズ(それはさすがに自分でもどうかと思うので)

本日のノルマ。

ちょりーッス。
サガンです。

本日は元気に歩いてきましたよーん。
がっつりおウチから土下座前(←通称そういうとこがあるのだ)まで。
本日の目的はとりあえずクリアです。

①大丸でロールケーキ購入。
今週の広告に入ってた限定50のロールケーキが食べたくってさ。
生麩が入ってんのよね。
ウマーでした。

②メイトにてコミック購入。
これは偶然発売日が最近だってことに気付き欲しいなって思ったので。
CD聞いてたやつのコミカライズだったのね。

茅島氏の優雅な生活 茅島氏の優雅な生活

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「茅島氏の優雅な生活」
CDでは茅島氏視点で全て物語が語られてたんだけども、コミックでは庭師視点での物語もあって、庭師の感情とかも見れて面白かったです。
作者も書いてましたが、削られてるエピソードもあってそれはちょっと残念だったりする部分もあったんですが。
とりあえず、全部脳内音声変換で読了しました(笑)
しかも、今月から小説が3カ月連続で新装版が出るとか。
…ちょっと欲しくなってきたじゃんかー。

③古本屋で某本を探す。
というわけで探しに行ったわけですが、アタシが欲しかった小説もコミックもなくて。
素直に帰ればいいのですが、なんか買いたい気分で。
めーっさ迷った挙句、探してたのの同作家さんの別のお話と、この間聞いたCDの原作者さんの小説を1つ買ってしまいました。
たはー。

ちなみに。

黒影の館 黒影の館

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

現在は真面目に建築探偵の「黒影の館」を読んでます。
このシリーズもあと1作で終わりなんだよねー。
ってなわけで、かなり物語が真相に触れつつあります。
先日、これの前の巻読んだんだけども、それでも個人的にうきゃーな展開とかがあって。
しかーし、年1冊なので次回は来年なのよねー。
仕方がないのでその間にまた1から読み直そうかな。
ちなみにやっぱり本編だと「灰色の砦」が好きですー。
なぜなら京介と深春の物語だから(笑)

じゃ!

naraku100

こやかみ。「作る少年、食う男」

ちょりーッス。
サガンです。

今日は待ちに待ってたCDがやってきました♪
2階にいたのですが宅配のチャイムが鳴ってダッシュで降りてきてしまいました。
うふ。
早く夜になぁれ。

そいでは、本日の一品。

●ドラマCD『作る少年、食う男』サイン入り原作本限定セット ●ドラマCD『作る少年、食う男』サイン入り原作本限定セット

販売元:CYBER PHASE e-store
楽天市場で詳細を確認する

「作る少年、食う男」原作:椹野道流
ハル:神谷浩史 ウィルフレッド:子安武人
フライト:成田剣

(あらすじ)
両親に捨てられ孤児院で育てられたハル。
16才になったハルはそのまま神官になるか、外へ出てるのかの選択を迫られ自立する道を選ぶ。
料理人になりたいという夢があったからだ。
しかし、料理人見習いのような形で就いたはずの職もむしろ男娼としての仕事だったり。
そんなある日、ハルが働く酒場へ検視官のウィルフレッドが訪れる。
ウィルフレッドはこの土地にはない特有の髪色、瞳の色をしており「北の死神」と呼ばれていた。
注文を受けたはいいがろくに料理の仕方を知らないハルを見かねてウィルフレッドは自分が作り、その手順を教える。
ハルはその手際のよさに、時々でいいから料理の作り方を教えてくれないかと願い出て…。

(感想)
こっちの世界に戻ってきてかなり早い段階で手にした作品。
いろいろ探してたものがあったのになくて、最後の手段で「仕方ない、子安でいっか」みたいな(爆)
ええと、その子安さん。
個人的にこれ聞いて一番最初に思ったのが登場人物たちのいる街がマーキスで「ぷぷっ」てなってすみません。
子安なだけに、頭の中をゼクス・マーキスが過りました。
ホントすいません。
ハルは料理人になりたいけど、結局はうまく騙された感じで男娼ちっくなこととかもしてて。
でも、全然ヒネてなくて。
自分にはそれしかお金を稼ぐ方法がないんだから仕方ないじゃん!みたいな。
そういう面ではあっけらかんとしてるとこもあるのかな。
それがウィルと出会って、優しくされたりして、少しずついろんなことを覚えて。
成長していくんだけども。
ウィルの方もハルといることで段々優しい気持ちを持ったり穏やかな時間を過ごせるようになったりするんだけども。
不意にキスまでしてしまって自分の感情がそういった類の恋愛感情だと気付くと、このままハルをそばに置いておくのは危険だと手放そうとします。
ハルはウィルの心の内など知らないから、そこで気持ちが行き違ってしまってケンカ別れのようなことになってしまう。
いつまで経っても仲直りに現れないハルにしびれを切らしてウィルは酒場へ迎えに行くんだけど、ハルはちょっとした事件に巻き込まれてて。
無事救出して、本当の気持ちを伝えて、晴れて両想いに。
この時のウィルが初恋だって話になって、それを喜んでるハルがとっても可愛いですvv
その後は検視官助手として現場で手伝いをしたり、事件調査的なことに付き合うハル。
危険な目に遭ってウィルに助けられて。
最後はそうやって無事家に帰ってほっこりしかけたところで、ハルがウィルに手を出さないのはなんで?みたいな話になって。
ハルは自分が男娼してたからそういうのに触るの嫌なのかなって思ってて。
そうじゃないよってウィルは告げて。
気持ちの通い合ったのはハルにとってウィルが初めてというこで、初めてだと思うことにするよって結ばれるって感じ。
内容的にはちゅーでフェイドアウトですが。
さて。
そんなこんなでハル役の神谷くん。
16才の少年てことで。
今までで聞いた中で一番可愛らしい、元気な少年て感じの声かな。
カタブツ?なウィルの一言一言に喜んだりしてる様がステキでした。
ウィルの方はといえばもう大人な貴族紳士でもあるので落ち着いた感じで。
なのに、どこかおくてというか今までちゃんとした恋をしたことなかったせいもあってハルにいろいろ問われてるシーンとか面白いです。
なんだかんだで子安ってイイ声なんだよなー。

一時期。
ちょっと子安を敬遠するじゃないけども、なんか遠ざけてたこともあったんだけども(出戻り初期)
いや、別に嫌いとかそんなんじゃなくてね。
たとえるなら「元彼が今でもやっぱりかっこいと認めるのが悔しい」みたいな心境(爆笑)
あんなに3枚目やらなんやらやったり、ユニットとかで痒くなるくらい気障ったらしいセリフとか何とか吐いたりしてたのに。
聞いてみればやっぱりフツーにイイ声出しやがって!!みたいな。
みっくんとかとは全然違うけど、それはそれで「特別視」してる部分があって。
ま、どう足掻いたところで声ヲタのドツボの原点が彼であるのには違いないし。
そんな子安も今ではフツーに聞けるようになりましたが。
特別視ももうないかな。
フツーにイイ声だと認められるようになったし。

じゃ!

>R子。
ぴゅーん。

ええっ!?
100枚って抑えろよって目標だったの!?
それは知らんかった(ヲイ)
でもでも。
なんとか4月まで持ち越したもの。
ふふふ。

ゲームはね、仕方ないよ。
だって、6バージョンあるから6回はしなきゃコンプリートできねぇし。
それで画像揃わなかったら揃えるっきゃないっしょ?
ちなみに昨日は8回目、土方編プレイしましたん。
これで画像は全部揃いました。
うわーい。
あとは、ゆっちーと戯れようvv

ユーもステキなシーンに出会えるといいね。
応援してるわー♪

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ