Twitter

最近読んだ本

  • サガン。の最近読んだ本

« みきみど?もりさく。なりきし。ほりかみ。「少年四景」+こにきし。「本気じゃねぇから」 | トップページ | ダブルオー第2期☆第8話 »

おのかみ。「言ノ葉ノ花」+みきかみ。「美しいひと」

おっす、オラ、サガン!
今日もお休みー。
RABU3連休vv

というわけで、少しずつ書いてた感想も消化してくザマス。
ばぶおは「言ノ葉~」はネタバレになるから読むな!(←今日貸すので)
きっと聞いたやつ全部は書かないだろうけど、気に入ってるやつは順番に書いてければいいなーと思っておる今日この頃。
いやー、自己満ですよ、自己満!!(笑)

そんなこんなで本日は多分一番初期に買った2つ。
最初に神谷くんモノ集めようと思った時にリスト入りしてたものですん。

コミコミオリジナル特典付!Atis collectionCD【コミコミ特典付】●言ノ葉ノ花● コミコミオリジナル特典付!Atis collectionCD【コミコミ特典付】●言ノ葉ノ花●

販売元:中央書店コミコミスタジオ
楽天市場で詳細を確認する

「言ノ葉ノ花」原作:砂原糖子

余村和明:神谷浩史 長谷部修一:小野大輔

(あらすじ)
3年前のクリスマスの朝、突然、人の心の声が聞こえるようになった余村。
心の声なんて大半が心地の良いものではなくて、それが原因で恋人とも別れ会社も辞めてしまう。
このままではいけないと半年前から家電量販店の契約社員として働き始めた余村。
クリスマスセールの街頭ビラ配りで足のもつれた余村を自分の身をていして助けてくれたのが同じ職場の長谷部。
長谷部から流れてきたのはまっすぐな好意の声で…。
近付かない方がいいとは思いながらも、周りの心の声に苛まれていた余村には長谷部の声は心地良くて。
(感想)
アタシがよく通ってる神谷中心ブログさんでオススメ上位だった作品。
アタシにとっては初めてのおのD。
へー、こんな声なんだ、みたいな。
基本的にはあまり喋らない役なのでセリフは少ないかな。
逆に神谷くんはモノローグやらなんやらほぼ喋りっぱなし。
話もほとんど2人だけで進行してくからね。
落ち着いた声で聞きやすいかな。
余村は心の声が聞こえるから長谷部の気持ちに気付いてだんだん惹かれていくんだけど、それは心の声ありきの感情で。
長谷部の妹に関する事件?をきっかけに心の声のことも打ち明けるんだけどぎくしゃくしてしまって…。
意識を話している方に集中させれば心の声を聞かずにいることも出来るけど、不意の出来事には声が流れてきてしまったり。
アタシが一番好きなシーンは長谷部に誕生日プレゼントを渡すシーン。
周りのちょっとしたことに気を取られて長谷部の心の声を聞いてしまった余村がそれに無意識に答えて動揺してっていうとにかく切ないのだ。
もうこのシーンだけでも何回聞いたかわからないくらい聞いたよ(笑)
このCDを聞いた後に友達から原作を借りて読んだんだけど、ほぼぎっしりCDになってました。
もうそのまんまに近い状態で。
そら、CD2枚分になりますわなって感じで。
でも、かなり聞き応えはありましたよ。
しかも、最後にはおのDと神谷くんのトークが入ってんだが、これがまたおかしい。
仲良しなのがスゴク伝わってくるんだがね。
07年は神谷くんにとって白星(攻)のない年だったらしい(笑)
そら、やっぱ世間的には神谷くんて受だよねぇ?
で、おのDの「かわいい」発言だとかなんだかとか2人が喋ってるのがかなり聞いてて面白いんですけどー。
神谷くんの年上だからなんなのかちょっとテキトーにあしらってる感のある話し方とかなんとか。
2人とも楽しいのがよくわかる。
やっぱ神谷くんの話し方好きだなーって思ったわ。

【送料無料選択可!】BiNETSUシリーズ「美しいひと」ドラマアルバムCD / ドラマCD 【送料無料選択可!】BiNETSUシリーズ「美しいひと」ドラマアルバムCD / ドラマCD

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

「美しいひと」原作:あさぎり夕

小谷里久:神谷浩史 周防カイエ:三木眞一郎
白川智哉:平川大輔 八角丈:中村悠一
金城:堀内賢雄

(あらすじ)
大学生になった里久は自立しようと考え寮に入ることを決意。
ところがちょっとしたミスから寮に入ることが出来ず「潜水館」というちょっと変わった人たちの住むアパートに入ることに。
同室のカイエは学内でも有名な美形で起業してたりするスゴイ人。
そんな人と同室!と喜んだのも束の間。
実はカイエはものすごい猫かぶりの外面よし子さん。
自宅でまでかぶってられるか!と里久には本来の性格で接してくる。
少しずつカイエに惹かれていくリク。
でも、それじゃいけないと…。

(感想)
BDプレゼントととしてAさんに買ってもらっちゃったCD。
あいやー、すまん!
アタシの中のツートップ?共演てことで。
とりあえず、みっくんはいつもどおりというかなんというか…キレイで男前でっていうアタシの好きなタイプの声でした。
いいねいいね~。
神谷くんはちょっとコミカルな感じ?
キレイ系の声じゃなくて、等身大の大学生っていうか…フツーっぽいっていうか…。
でも、もちろん嫌いじゃないス!
ちょっとしたツッコミ?が可愛いし、モノローグ的なとこでは声のトーンも下がって心地良い。
賢雄さんはアパートの大家さんでちょっとだらしなさそうだけどワイルドそうな男前声(どんなだ)
平川さんは優しい感じ。
優しいけど優しいだけじゃなくて芯がしっかりした感じ。
たぶん初めて聞いたよ。
しかし、今回のアタシの一番は主役2人ではなく、ゆーきゃん!!(ぇ)
基本的にはほとんど喋らない寡黙なキャラで、後半ちょっと喋ってたりするんだが。
アタシが気に入ったシーンは利久のお兄ちゃん(@千葉進歩)がアパートに乗り込んできて白川が同性愛者だからどうのこうのみたいなこと言ってて。
で、白川は泣いちゃってて。
それでも何か言おうとする兄ちゃんを慟喝するゆーきゃんが超男前ッ!!
もうかなり男前すぎて思わずリピりまくり(オマエ…)
マジこのシーン大好きすぎてゆーきゃん好きになっちゃったよ(笑)
元々嫌いな声じゃないしね(ただハム様のおかしい印象が強いだけ)
最終的にはちゃんと里久とカイエはくっつきます。
なかなか里久が自分の気持ちを認めなかった理由?とか2人の名前のこととか作者すごいな~って思ってみたり。
アタシの中でのあさぎりさんて「僕達の~」シリーズだっけ?のあららららーな展開のイメージ強かったんで(爆)
これは全然違って聞きやすかったです。
そして、アタシが気になるのはやはりゆーきゃんと平川さんがどうなったかですね。
平川さんは元々ゆーきゃんが好きって設定で、兄ちゃんの事件の後、告白しただろうって話だったので。
たぶんくっついたんだろうなとは思ってるんですけど。
原作にその辺が書かれてないか探そうとしてるところです(笑)
最後はキャストの一言コメント入り。
片言みたいな神谷くんがカワユスvv

2つともスゴイ好きなお話なんだよねー。
ってわけで、ばぶおにも「言ノ葉~」貸すことになったわけですが。

これからちょっくらばぶおと密会してくるザマス。
またどうせヲタ話に花が咲くんだろうなぁ…。

« みきみど?もりさく。なりきし。ほりかみ。「少年四景」+こにきし。「本気じゃねぇから」 | トップページ | ダブルオー第2期☆第8話 »

三木眞一郎。」カテゴリの記事

神谷浩史。」カテゴリの記事

BLCD。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みきみど?もりさく。なりきし。ほりかみ。「少年四景」+こにきし。「本気じゃねぇから」 | トップページ | ダブルオー第2期☆第8話 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Summer Heats


  • 春蘭@LotR・やさ竜・T&B、眇@薄桜鬼・T&Bで活動中。

ちるちる


  • 参加してます。

応援中。

  • Cloud 09
  • BLアドベンチャーゲーム「Si-Nis-Kanto(シニシカント)」
  • 1okita

薄桜鬼☆随想録

無料ブログはココログ